<   2006年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

新兵器 vs 新種

 人類の未来を左右する新鋭対決!

『やりたい放題』
 画像検索で行き着いた、かじゅんさん、オロセットさん両氏のサイト。仕事で某サイトの校正中「何でもいいから画像をはめて」と言われて、ここのアイコンをはめたのはここだけのヒミツw。



見ている者をほのぼのとさせてくれる可愛いイラストがたくさん掲載されている。
以下、「絵 CG-BOX」より。

『00純夏』
 ツボを衝かれた。可愛すぎ!国連はその脅威的科学力で、ついに可電粒子砲の小型化に成功!ところで、可電粒子砲って?誤植かな?(ドキドキ。現在ノートの壁紙はこの00純夏になっている。

『軽光線級』
 Webコミックより。近頃確認された新種BETA。その運用には茶碗に湯を張って漬ける等、定期的メンテナンスが必要な模様。なお情報部の調査によると、この新種も兵士級同様、人体の一部を用いて生み出されていると予測される。 …と考えるととてもすごくコワイ

『対戦結果』
 純夏の勝ち(決まり手:どりるみるきぃパンチ)。それ以外ありませんw。
[PR]
by cor_leonis | 2006-12-27 15:12 | Feeling / Memorandum

Two Gun Bob.

 先生も走りっぱなし年の瀬ですね。
年末年始の進攻は台風の目に突入したらしく、現在は平穏無事に暮らせている。このままバーナード星系にでも逃避したいところだが、おちゃめなNの悪戯でヒアデス星系に送り込まれそうなのでグッと堪える。−Ia Ia Hastur !

『R・E.ハワード祭』
 ありがとう創元社。なにを橡狂ったか“復刻フェア”なんてやってくれて。お陰で念願の「黒の碑」を入手できたよ!

黒の碑(いしぶみ)—クトゥルー神話譚
ロバート・E. ハワード / / 東京創元社
解説/あのコナンの生みの親としてあまりに名高い著者ハワードが、畏友H・P・ラヴクラフトに触発されてものした〈クトゥルー神話〉譚の数々。名作「黒の碑」「妖蛆の谷」「大地の妖蛆」「鳩は地獄から来る」をはじめ、「アッシュールバニパル王の火の石」「屋上の怪物」「獣の影」「老ガーフィールドの心臓」「闇の種族」など代表作13編を収録。

ふっふ〜ん♪ひっさしぶりに頭がマブラヴから離れたね。すぐ帰るけど。
 ところで、今年(2006年)はR・E.ハワード生誕100年周年。没後70周年だったらしい。それに当たり創元社が変な事始めてた。

魔女誕生 新訂版コナン全集2
ロバート・E・ハワード / / 東京創元社
解説/天才作家が創造し、すべてのヒロイック・ファンタジーの源となった傑作シリーズを、最新の校訂のもとに贈る第2集。女王の死んだはずの双子の妹が魔女となって帰還し、小王国カウランは一夜にして、女王と入れ替わった魔女ひきいる傭兵軍団の手に落ちた。立ち向かう守備隊長コナンの苦闘を描く圧巻の表題作はじめ5編。巻末には、著者と親しかったH・P・ラヴクラフトによるハワード評伝を収録した。

コナンです。ハイボリアです。ゼロドライブです。映像では何度と無く見たが、原作はこれまで読んだことがない。この機会に読んでみようか?でも一人FT熱を上げて、また浮き足立つのが目に浮かぶのでやや危険かな(苦笑。
まぁ、詳しくは↓から見てくれ。

新訂版コナン全集


みんな読もう!コナン・ザ・グレートw
[PR]
by cor_leonis | 2006-12-27 14:52 | 今日の宇宙的恐怖

“イ”ではなく“エ”

今回“も”くだらなくてゴメン。

『"月蝕"という名の女性』
 公式サイトからリンクされている「“エ”じゃなくて“イ”です!ボークス・タカオの「トータル・イクリプス」ブログ」を見た時に脳裏を過ぎった人。
c0036340_17584054.jpg
EC「メルのあの格好… あんたの仕業でしょう?」
AB「ええ、まぁ… 涼宮涼宮、というヤツでして」
EC「はぁ…?」
LU「アームブラストさんって、古泉君ににてるわよネ?」
EC「…リュミエール?」
AB「ハハ、こちらも“涼宮”でしたね」
LU「はい」
EC「???」
LU「エクレール、女の子はエレガントに♪」
EC「もぅ~、わっけわかんない!」

 まぁ、あの涼宮さんにはエレガントさなど微塵もありませんが(寧ろブリリアントw。当時15歳ながら、演技は秀でていたと思う。また、声についても局長役の土井美香さんに「(その日の出演者の中で)一番色っぽい声をしているわね」と言わしめた程。ほんとに凄いよ、平野綾は。
みんな見よう!キディ・グレイド

キディ・グレイド CASE1
制作会社コメント/主人公は特殊な能力を持った少女達。「美獣」とも言える戦闘能力を誇るエクレール、そして超コンピューター的情報処理に長けているリュミエール。2人は銀河通商関税機構(Galactic Organization of Trade and Tariffs)=GOTTの非公開活動執行者として、各惑星間や組織間の諸問題を、時にはスマートに、時には破滅的に解決を図る。国際スパイアクション的な展開と、綿密に練り込まれたSF設定で見せる、SFアクションストーリー!「機動戦艦ナデシコ」「ゲートキーパーズ」のキャラクターデザイナー、後藤圭二氏の初監督作品!!
[PR]
by cor_leonis | 2006-12-24 19:17 | Feeling / Memorandum

Ahchoo!

 ひっどい顔してるよぉ〜 鼻水がぁ… くしゃみが…

『トータル・イクリプス』
 公式サイトも順調に拡充。壁紙もさっそく使ってるよ。
 本編、読みました。楽しみました。タカムラ中尉カワイイじゃないか♪ネガティブLOOPへ陥りやすい反省癖の持ち主。人並み以上の能力をもち、頑張ってはいるけど半人前な未完の指揮官。フォロー役がシッカリしていれば問題ないが、周りがタケルちゃんのように常にテンパッた奴ばかりだと空回りして自滅しそう… そして主役級のほか3人はまさにそんな感じw。「主人公っぽい」と評したユウヤ君、本当に主人公らしいしw。ソ連組はESP発現体とは書かれなかったが「霧原兄弟」という見方はどうやら的を射ていたようだ。そんな連中の相手をして潰されない訳がない!がんばれ唯衣ちゃん!武御雷の65式短刀はどこに入っているんだ?!

『日本帝国斯衛軍』
 斯衛軍って帝国内ではティターンズ的な色合いが強そうだね。今回のエピソードを見ていて思ったよ。良家の人間を集めて編成しているんだろうね。坊ちゃん、嬢ちゃんは結構多いかも。故に予算も潤沢に回ってきて
、軍部としてはそれを使って兵器開発なんかを斯衛軍でやるんじゃないかと思うんだけど、どうだろうね?そうすれば斯衛軍衛士にテストパイロットなんて箔も付くし。将軍家の護衛云々だけで、あの装備は維持できまい。

『94式戦術歩行戦闘機「不知火」』
 吃驚。なんか酷いな。要求スペックを充たす為に拡張性は限界まで削られてるんだって。おいおい。激震の代わりになる機体を作る計画じゃなかったのか?わざわざF-15をライセンス生産してまで。当初の目的を忘れてどうする?で、こんどは不知火の代わりになる次期主力機を開発する為に篁中尉はアラスカくんだりまで往かされるというのがトータル・イクリプスなワケ。うーむ。OK。大丈夫だ。まだカバーできる。弾幕薄いよ!なにやってんの〜

『しゅきー』
 主機、つまり戦術機の主動力源。まだ未定。いい加減、決めてくれ。

げふん。むり。気管が・・・ 今日はもぅ帰って寝るよ。
[PR]
by cor_leonis | 2006-12-22 18:48 | Feeling / Memorandum

マブキス 人それを「まぜるな危険」と謂うとかいわないとか

 Hゲーム雑誌を買おうとレジに持っていき、店員に怪訝な顔をされる朝9時。あぁ、虐げられてる。蔑まれてる… 清々しいよね、こんな生き様が。

『TECH GIAN 2月号』
 表紙が2弾構え!にしき義純イラストの表紙をめくると、見開きでトータル・イクリプスの表紙が!格好いいじゃないか。
 それはそうと、散々僕をいじめてくれたジャイアンでしたが、今月号から映画出演時のような“心の友”になりました。スゴイ。トータル・イクリプス以外にも楽しみな物が付いてきたよ。しかも今月から3号連続!コレでジオンは3年戦える。

『キミキス ちょっとおまけ劇場』
 DVDとは別にコレ↑を収録したCD-ROMが付いてきたよ。内容はシミュレーション要素を省いたADV形式のショートストーリーを各号3話ずつ収録。しかも声付き。凄い!さすが自社製品w。あ〜あ、ずっと我慢してきたのに。買っちゃうだろうな、キミキス。はぁ、此度はまんまと嵌められるとしよう。浜村通信、あんたの勝ちだ。

Win専用なのでPS2を持っていない人でも存分に楽しめるぞ!!
(「キミキス ちょっとおまけ劇場」の公式サイト解説より抜粋)

PS2ソフトのおまけがWin専用って… ふつう、あり得ないでしょw。コレはcor_leonisみたいに風聞のみでキミキスが好きになった物好きに本編を買わせる為の奸計だよ、多分。それともcor_leonisが知らないだけで、他タイトルでは普通なのかな?本来ならファ●通PS2とかに付ける物じゃないの?TG編集部とeb他編集部との不仲説が真実みを帯びてくるネ…
 しかし、コレが付いてくる事なんか先月号の予告読めば分かっただろうに、ほんとにマブラヴ以外読んでなかったんだな。今月からはちゃんと読もう。予告をw。

『キミキス』
 広告で麻央を見た瞬間にやられました。色々と調べていて面白そうなのでやっては見たかったが、填るとまた大変(マブラヴ始めてから最近までのcor_leonisを知る人は何となく分かるでしょう)なのでずっと我慢してきた。が、もういいや。やっちゃおう。PS2を箱から出せたらなw

キミキス
/ エンターブレイン
内容詳細/キス… でしか伝わらない想い…
『キミキス』は、キスをテーマにした初めての恋愛シミュレーションです。プレイ期間は夏休み明けから「学園祭」までの約1ヶ月。「マッチング会話」と「フリーキスシステム」により、親しくなった女の子と、いつでもどこでもキスすることが出来ます。恋愛対象は、タイプの違う6人の女の子。かわいい妹や先生があなたの恋を盛り上げます。恋愛シミュレーションならではの、高いゲーム性をお楽しみください。

『トータル・イクリプス』
 篁中尉のハイブ突入戦から物語が始まった… ところでタイムアップ。今の所、文頭から10行程を流しただけ。昼休みに読むのは無理でした。だって、流石に僕でもあの雑誌を社内で堂々と読むのは恥ずかしいもの(恥。という訳で感想などはその内…

『戦術機アクションフィギュア』
 関節パーツの試作がポロッと載っていた。円盤状パーツを挟み込んだABS製かな?薄く、広い可動域を確保しているようだ。ABSだから強度はもちろん、へたりに対してもリボルテックのような機構を仕込めるので問題ないだろう。SRWアクションフィギュアのようなショボショボ関節じゃなくて、チョット安心したよ♪
[PR]
by cor_leonis | 2006-12-21 15:31 | Feeling / Memorandum

マブラヴ雑記

『マブラヴ』
 小説2巻が2007年2月以降発売の覧に掲載された。今から楽しみだ。EXTRA編は2巻で締め括って、UNLIMITED編、ALTERNATIVEとサックリ出して欲しいな。

マブラヴ〈1〉EXTRA 運命
北側 寒囲 / 集英社
内容/超王道学園アドベンチャー、待望の小説化!!高校生・白銀武が目覚めると、そこには美少女の姿が!?「そなたのために私は在るのだ」という世界的財閥の跡取り・冥夜の出現で、幼なじみの純夏との関係にも変化が生まれはじめて…。空前の大ヒットを記録した、超王道学園アドベンチャーゲーム、完全ノベライズ第1弾!!

『マブラヴ ALTERNATIVE』
 制限解除版を買ったよ。キャプターモード搭載の優れ物。これで好きな時に好きなシーンが見られるぜ!にも拘わらず馬鹿みたいに1パス通しに掛かるcor_leonis。暇人と罵って。
マブラヴ オルタネイティヴ(全年齢版)
/ アージュ

『トータル・イクリプス』
 公式サイトも立ち上がり、ボークスサイドのブログも稼働中と徐々に熱を帯び始めた。あ〜、早くブツに触りたい!だが、年末の「age EXPO」でも無可動モデルはあってもアクションフィギュアの販売はないだろうな。はやく不知火をグリグリしたいのにーっ!!ミカでも可っ!
 現在公開されているキャラについて。
 ソ連組… 人工EPS発現体… だよね?霞と配色が近いからw。イラストからは穏和な娘と勝ち気な娘の凸凹コンビの用に見えるが、超能力者で凸凹コンビというと「NIGHT HEAD」の霧原兄弟を思い出すよ。アニメでやっていたみたいだけど、一度も見なかったな。また、彼女たちの関係も気になる所。本当に第3計画の成果だった場合、血縁関係はないが姉妹同然といった感じだろうか?霞も「ほかの兄姉妹」なんて云っていたし。二人とも仲がいいと良いのだけどね。ちなみに百合百合したのはナシで一つ!百合なんて南極の海百合状生物だけで充分です。
 帝国斯衛軍中尉の篁さん。なぜ女性?ジャイアンか?ジャイアンの所為なのか!?斯衛軍女性士官は月詠さんで満喫したので男性士官を熱望するものである。斯衛軍男性士官服とか見たいのにね〜。ただ橙に紫の武御雷は結構好き… ってアレが篁中尉機だと云う確証はないが。ちなみに周知の通り武御雷は機体色で搭乗する衛士の身分が分かる。色は高位から順に(センサー部/)・(センサー部/)。加えて黒/黄の武御雷は頭部形状が烏帽子型ではなく、吹雪のような嘴型になっているようだ。神代、巴、戎って結構エライ?余談だが、篁中尉はEz-manが好みそうな造形だw。
 ヤンキー米国陸軍少尉ユウヤ・ブリッジス。無個性な顔立ち。日系。とても主人公っぽいw。F-15EやF-22でヴイヴイいわせて欲しい。でも日系だから不知火とか乗るんだろうな。

 …本当は掲載誌であるTECH GIANをココに載せたかったのだが、今週に入ってエキサイトブログは成年指定商品のライフログへの登録をできなくしてくれやがりました。出来たことができなくされるのは、例えどんなくだらない事であっても烈くやしい
[PR]
by cor_leonis | 2006-12-19 18:58 | Muv-Luv Memorandum

Khem..... Khem..... Kemur ?

 下巻も読み終えた。何でかまた神話ネタ含みだった。しかも上巻が好評だったのか今度は明け透けだった。林、自重しろ。

『機動戦士ガンダム戦記 Lost War Chronicles(2)』
機動戦士ガンダム戦記—Lost War Chronicles〈2〉
林 譲治 富野 由悠季 矢立 肇 / 角川書店
内容/マ・クベ司令の秘密の軍資金「M資金」を奪還すべくジオン軍のMS特務遊撃隊が活動を開始。しかしキシリア直属の部隊と称する屍食鬼隊が、あろうことか味方に襲いかかってきた! かれら屍食鬼隊の真の狙いとは?
落ち着いて見直すと“屍食鬼(グール)隊”からしてラヴクラフトだよね…(「ピックマンのモデル」参照)

『影が集いし太古の都市』
 で、神話関連の話ですが、下巻では上巻のように遠回しなことは云いません。オーストラリアからアフリカ大陸へ入った連邦、ジオン両陣営の主人公達が赴く先が、地元の人間が恐れ決して立ち入らない忌むべき土地「ケム」。影が集いし太古の都市。人の姿に化身した無貌の神に遭える場所。ちなみに物語の中では“這い寄る混沌”についての記述はなく、ケムに顕れるのは単に“化け物”とのみ記されています。 …失敬な。「化け物」というのは無情で慈悲深く人間を頭からムシャラムシャラと喰ってしまうような奴らにこそ使うべきで、有情で無慈悲に人の生を玩ぶような様な御方に宛うべき言葉ではないのである… と思うのだが、ガンダムとの初戦における赤い彗星の言葉を思い返すに、理解できない驚異はおしなべて“化け物”でいいだろうとも… 話を神話に戻す。ケムについて説明では、ご丁寧にアラビア半島の名も無き都市に繋がってるなんて事まで言及してくれている。無名都市。狂える詩人「アブドゥル・アルハザード」が黙々と妄想を書き溜めてキダフ・アル・アジフを書き上げちゃった所。バイアクヘーによりアルデバランへ精神を送り込む際、肉体を保管している場所がココだとも云われていたハズ(うろ覚え)。なんて事までコレを読んで噛みつく人は少ないだろうけど、知っていると本編の内容とは逸脱した部分でかなり盛り上がれるイカしたライトノベルと仕上がっていいる。まぁ、神話分を抜いたとしてもライトな戦記物として楽しめるのでそういったゲームを楽しむ際にはお勧め。読もう!ガンダム戦記。

『華麗に跳ぶ推論、または只の妄想』
 物語の中、屍食鬼隊に拷問を受けた連邦軍士官が「ケム、ケム… 」と譫言のように繰り返すシーンが病的で印象に残ったが、実はそのシーンを憶えている要因がもう一つある。そこを読んだ際に頭を過ぎった思考。

 「ケムって… ひょっとしてケムール人の名の由来だったりしない?」

知ってるかな?ケムール人。ウルトラQ第19話「2020年の挑戦」に登場する誘拐怪人。この「2020年の挑戦」自体、掴み所がない癖にゾッとする内容で、当時子供にトラウマ植え付けまくったに違いない原神話的作品であるところも手伝って、そのソースを神話作品に求めてしまうのはcor_leonisの悪癖故だろうか?ま、ケムからケムール人にたまたま記憶が関連づけされただけだとは思うんですが、ウルトラとクトゥルフは千昭氏抜きにしても以外と近い所にあるので侮れない。と、ひとり盛り上がっていても淋しいので、みんな見ようウルトラQ!

DVD ウルトラQ VOL.5
/ ハピネット・ピクチャーズ
収録内容/
第17話:1/8 1/8人間 登場
脚本:金城哲夫 監督: 円谷 一 特殊技術:有川貞昌
第18話:虹の卵 地底怪獣パゴス 登場
脚本:山田正弘 監督: 飯島敏宏 特殊技術:有川貞昌
第19話:2020年の挑戦 誘拐怪人ケムール人 登場
脚本:金城哲夫/千束北男 監督: 飯島敏宏 特殊技術:有川貞昌
第20話:海底原人ラゴン 海底原人ラゴン 登場
脚本:山浦弘靖/野長瀬三摩地 監督: 野長瀬三摩地 特殊技術:的場 徹
[PR]
by cor_leonis | 2006-12-18 18:57 | 今日の宇宙的恐怖

UC宇宙に潜む神話

 久しぶりにコズミックホラーです。しかも意外な所から。

『機動戦士ガンダム戦記—Lost War Chronicles』
 週末に機動戦士ガンダムを題材にしたTRPGで遊びました。そのため、先週はアタマからマブラヴを追い出すため、一生懸命ガンダムを詰め込みました。それこそ部屋中の資料をあさったり、物語を読んだり。この本もその1冊でした。

機動戦士ガンダム戦記—Lost War Chronicles〈1〉
林 譲治 富野 由悠季 矢立 肇 / 角川書店
−ジオン軍のマ・クベ司令が隠しもっていたと噂される、通称「M資金」。その秘密の軍資金をめぐって連邦軍とジオン軍の思惑がぶつかりあう! この夏発売、PS2用人気ガンダムゲームのオリジナル小説版、登場!
 ゲームはプレイしていたものの、この本が刊行された当時に読むことはなかったのですが、ふと興味が湧いたので、改めて読んでみました。話の大筋はまぁこんなモノかいった程度なのですが、MSパイロットの呼称についてや主計兵の話など、ガンダムの世界をより奥深く楽しませてくれる小ネタが非常に魅力的な物語でした。しかも、その小ネタの中には、とても意外なモノが潜んでいたのです。

『遺跡』
 連邦軍に属する主人公達デルタチームが南米ジャブロー付近の遺跡で警備任務に就いた時の話。主人公達は遺跡の警備というこの任務に疑問を憶え、遺跡の調査を始める。

デルタ・ゼロから送られてきたレリーフは、確かにインカ文明のモノにしては妙だった。どうも叙事詩を描いているらしいが、よほど旧いのか風化も激しく、欠落も多い。ただ素直に解釈すれば、蛸の化物のような何かが、大昔に闘って、敗北し、どこぞに幽閉されてしまった………ということらしい。おそらくはまだ考古学的に存在が確認されていないプレ・インカ時代の文明とその遺跡なのだろう」(本文より抜粋)

 更に遺跡の地下には広大な地下空間が広がっていることが分かり、デルタチームはジャブロー陥落の際に高官が逃げ込む為の避難所を此処に築くのではないだろうかと推察する。その時、ジオン軍のMS部隊が現れ交戦。それを撃破したデルタチームにはその遺跡よりの撤退命令が下る。結局、自分たちが何の為にその遺跡の警護に当てられたのか?あの遺跡が何だったのか?一切の説明はなく、デルタチームの面々は疑念を胸に次の任務へ就く。

『永劫の探求』
 まさかガンダムを読んでいてクトゥルー神話に至るとは思わなかった(汗。ここで語られる蛸の化物はまず間違いなく“大いなるクトゥルー”であり、幽閉された「どこぞ」とは“ルルイエ”でしょ。何故そう云えるのか?インカ及び、プレ・インカ文明の出土品には確かに、蛸のようなモノが描かれていることがあります。しかし、それらが闘って敗れ幽閉されたなどという話… と云うかインカ、プレ・インカ文明にそんな具体的な伝承などは現存していません(理由は聞かぬが花)。にも拘らずこの話。筆者の全くの作り話と云う可能性も否定できませんが、オーガスト・ダーレスの「永劫の探求シリーズ」において、ラバン・シュリュズベリィ博士が南米の奥地でクトゥルー復活を阻止する為、クトゥルー秘密教団の神殿をダイナマイトで吹っ飛ばしたのは有名な話。また、その時に南米の地底とルルイエが続いているとも言及されていました。それ以降、南米奥地にはクトゥルー信仰が根付いているという設定が生まれました(というか爺さんに云わせりゃ、有色人種はすべからくクトゥルーのようないかがわしい神様を信仰していることになっているらしい… ヒドイ)。で、抜粋を見返すと一致する符合がひしめいています。念のため、駄目押しすると、物語の筆者「林 譲治」氏が以前書いた「機動戦士ガンダム外伝 コロニーの落ちた地で…(上)」には、マサチューセッツ州インスマウスから来た『ディープ・ピープル』号という貨物船が登場していました
 ガンダムにクトゥルー神話を登場させる。自分では思いついても絶対にやらないだろうそれを、さらりとやってのけた筆者には正直恐れ入った。ただ、難易度高いぞw。
[PR]
by cor_leonis | 2006-12-04 15:22 | 今日の宇宙的恐怖