<   2006年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

LLK−OGのネタにでも・・・

『ガンダム界の“絶叫の騎士”』
 現在では「ディジェSE−R」にその残滓を見るのみとなった宇宙世紀史の外典。スパロボ向きガジェット満載。

  タイラント・ソード 〜ネオフェリアの中で〜

 以外と「メッサーラ・ディノファウスト・ジュピター」も有名だったりするが、行き過ぎ、やり過ぎ、トバし過ぎな物語が祟り、決してオフィシャル化されない忌み仔となってしまった。同時期にモグラで連載されていた「ガンダムセンチネル」が評価されていただけにHJとしては悲しかったろうな。いい気味w。

『OGに置換』
 以下、主役機「MS(モビルソード)タイラント・ソード」の特筆すべきガジェットを上げてみる。

・SEジェネレータ:ネクスト・ワンでなくては制御できない特殊動力機関。モビルスーツに搭載されている熱核融合炉の約3倍の出力を持っている上、空間制御も可能。
・SEフィールド:SEジェネレータの空間制御能力により発生する力場。バリアや推進装置として機能する。最後はコレを攻撃に転用し、一撃で84機のメッサーラを一掃し、ジュピトリスの1ブロックも撃破。
・スレイブ・ソード:要はSEジェネレータを搭載したビットMS。ラストバトルに2機が登場したが、本来は何機まで随行できるのやら。
・ネクスト・ワン:SEシステムと感覚を同調できる特殊能力者。ニュータイプの亞種?

要はB.H.エンジン、グラビコンシステム、テスラドライブを載っけてるPT(全高20mあったか無かったかのハズ)。搭乗者はサイコドライバー(そういう人じゃないと制御できない程SEジェネレータは暴れん坊)で、同等性能の無人機を2体随行する。そりゃ戦闘開始5分で戦艦×2、巡洋艦×7を撃沈するわ。トドメにMAP兵器でアーマードモジュール84機を一撃。藤田●巳、若気の至りとはいえトバしすぎw。

『繋げよう』
 物語では開発計画は凍結されて終わっているが、こんなにスゴイ物ならその後も研究が続けられたに違いない。アナハイムだしw。しかし、唯一モビルソードを乗りこなせたネクスト・ワンは連邦の監視下に置かれていたので使えない。そこで別のパイロットを用意し実験を決行した結果、案の定SEエンジンが暴走。時空崩壊こそ間逃れたが、タイラントは時空の狭間に墜ちパイロット共々消失。その後OG宇宙へ漂着。というのが妥当な所かな?意外性が欲しい所ではある。
 しかしOGで使おうとすると殆ど「コンパチカイザー」と設定が被るのがちょっと悲しいな。要検討だ。ただ名前がネ、いいんだよ。暴君の剣。LLK−OGで暴君といえば・・・ 憶えている者は幸福であったりなかったり。覚悟しなぁw。

『絶叫の騎士も』
 藤●一巳つながりで。「絶叫の騎士」に登場し、旧劣等種、単分子結晶金属との組み合わせで、ダブワンの群れ1kmを吹っ飛ばした(1km吹っ飛ばす方もスゴイが、そんだけ倒されても全滅には程遠いダブワン軍団もスゲー。コレが絶叫の騎士が絶叫の騎士たる由縁だネ)謎のアーティファクト「キューブ」とスパロボGCに登場する未知の超エネルギー「C.U.B.E」を上手くご都合できないかと現在妄想進行中。それが出来たらFT−Vも出してやる。

『わすれてたや』
 「絶叫の騎士」を連発しているが、それ自体の紹介を忘れていた。が、今更なので内容については各々ググるなりしてくれ。

青の騎士ベルゼルガ物語4 絶叫の騎士
はま まさのり / 朝日ソノラマ
[PR]
by cor_leonis | 2006-09-28 18:28 | Feeling / Memorandum

ファマルハウトな1日

『宿場まつり』
 9月23(土)〜24日(日)にかけ、旧東海道品川宿で「しながわ宿場まつり」が催された。旧東海道を練り歩く仮装パレードに始まり、フリーマーケットや露天屋台、ストリートパフォーマンスに加え、旧所史跡の公開など、様々な催しがいたる所で行われた。

『炙られ』
 そんな中、品川寺(※)で「柴灯大護摩・火渡り荒行」が行われたので見物しに行く。行ってみるとエライ人だかり。そんな人の間を縫い四苦八苦しながら行者達の執り行う式を見物していると、中央に組まれた櫓に火が付けられた。それは見る間に火勢を増し、炎と煙を巻き上げだした。すると前を塞いでいた人々が徐々に下がっていく。何故か?理由は直ぐに判明。
c0036340_2016919.jpg
熱 つ っ !

巻き上がる炎が放つ熱がスゴイ勢いで襲い掛かってくるのです。これは確かに人垣を作っていたおばちゃん達には厳しい。お陰で式典は楽に観ることができましたが、いい感じに炙られ続けるハメに。オマケにその模様を収めようと構えたカメラまで放射熱に晒され、ちょっとした凶器と化した。壊れるかと思ったよ。
 しばらくすると火勢も落ち着き、いよいよ行者達の火渡りが始まった。
c0036340_2016177.jpg
・・・火渡りって、焼けた炭の上を歩くのではなかったかしら?明らかに炎の中に飛び込んでるように見えます。飛んで火にいる何とやら。とても熱そう。

『燻され』
 行者様が一通り焼かれ式典も山場を越えてあとは撤収するばかりと思った矢先、

火渡りに参加される一般の方々は〜

などと行者様が仰る。渡れるのか〜 渡らなきゃだよネ〜♪と云う訳で、火炙り希望者の列にそそくさと加わる。結構いるもんだ。爺婆ばかりだがw。靴下をぬぎぬぎしつつ並ぶこと10分ほど。ようやく順番が回ってきた。
c0036340_20152599.jpg
火はすっかりと形を潜め、我々が渡る道には土まで敷き詰められていた。これでは御利益どころか水虫すら焼き殺せない。だが、順番が来て行者様に有難い真言とともに「えいっ!」と気合いを入れもらうと何だか有難い様な気がしてきた♪「おお、こうやって人は宗教と信仰に溺れていくんだ」とあさっての方向性で悟りを開きつつ渡る。・・・熱くはない。しかし、煙い。道の周囲から立ち上る煙に巻かれ思わず噎せ返る。そういえば、確かに寺なんかでは線香の煙を浴びると御利益があるなんて風習があったあった。これはそれを突き詰めた感じなんだネ。煙を抜け、足の洗い場の方へ抜けていくと「どうぞ」とタマネギ×2、ジャガイモ×1が入ったビニールを手渡された。そうね。こういった催しには付き物だよね、こういうの。有難く頂いておこう。料理なんてしないけどネw。

『品川火力発電所』
 火渡りを堪能した後、品川火力発電所見学に参加する。火力発電と云えば、油や石炭を燃やすモノと思っていけば、最近はガスを燃やして発電できるんだね。しかもエネルギー転換効率は50%以上!ちなみにcor_leonisが想像していた従来の火力発電は転換効率35%いきません。立派なモノだ。コレを聞くと

日本海の天然ガス田は絶対に譲れないと思う

というか、思ってくれ永田町

『GPS』
 そんな発電所見学会の道中。見学者の中に実に気になる人物が一人。テクノカット、メガネ、スーツ、アタッシュケース。とても祭りを楽しんでいたとは思えない装いの若い男。しかも、どうも日本人ではない。そんな彼が手にしていたのは一見大きめの携帯電話。しかし良く見ると・・・

GPS

まてまてまて。貴様、どこのテロ屋だ?!そんなモノ持って発電所に行くな!!思わずワクワクしちゃったじゃないか!その余りの怪しさ。cor_leonisが官憲だったら例え「道、分カラナカタカラ持テマシタ」と云っても引っ張って、一晩くらいは臭い飯食ってもらう。ホント堅気じゃないよ、アレはw。

『毛物のおかげ?』
 後日、そんな週末であったと会社で話をすると「1日中、火まみれだったな」と云われた。気にしていなかったが云われてみれば、確かに火に縁のある日だった。きっと頭上ではフォマルハウトの獣が燦然と凶悪な光を放っていたに違いない

※最初、なんと読むか全く分からなかった。後から知ったが「ほんせんじ」と読むようだ。
[PR]
by cor_leonis | 2006-09-26 20:26 | 今日の宇宙的恐怖

帰ってきたミラーマン

『2次元の力で戦うヒーロー』
 その名は「ミラーマン」。2次元人の父(先代ミラーマン)と3次元人の母をもつ鏡京太郎が変身し、地球を狙うインベーダーと戦う。今は亡き名アナウンサー故 逸見政孝氏がニュースキャスター役で出演していたなんて余計なことは知っているが、実は見たことがない。ただ、日テレで放送している「ブラックバラエティー」内で、主題歌の一部が良く掛かっていたり、「2次元と3次元の間に子供ができるなんて、世のオタク垂涎のステキな設定だ!」と雑談の中で良く話題になるので、気になってはいた。しかも最近制作されているリメイク版「ミラーマンREFLEX」の監督は小中和哉氏。当然、脚本は我らがチアキちゃんこと小中千昭氏。ああ、呼び声が聞こえる・・・

『落とし仔ミラーマン』
 劇中で両親は相思相愛であり、その思いが実って生まれたのがミラーマンである。しかし「異次元に住まう何かに孕まされた女から生まれた子供」なんて穿った書き方をすると・・・ Yです。小中千昭というキーワードが無い限り気付かなかったろうけど、どうしようもなくヨグ・ソトースの臭いがします。彼はインベーダーから地球を守る為に戦う正義のヒーローですが、そのインベーダーもヨグ・ソトースと敵対する旧支配者ないし外なる神の一派だと考えると、それらの進攻を防ぐ為に用意されたとも見えてきます。また変身したその姿も落とし仔故の異形とも。うむ「2次元の力で戦う」と云われても、何とも弱そうでしかたなかったが「外なる神の力で戦う」と思うと、引き攣ってしまう程おぞましいが確かに強そうだw。そうか・・・ そのような事を思い付いたから小中兄弟はミラーマンREFLEXを作ったに違いない。

ミラーマン DVD-BOX 1
/ バップ


ミラーマンREFLEX FOCUS1 帰神 KISHIN
/ バップ

『懲りないミラーマン』
 何故、今ミラーマンか?以前、手鏡を使って高校生女子に対し痴漢行為を働いた“ミラーマン”こと名古屋商科大大学院客員教授 植草一秀容疑者が、再び高校生女子に対し痴漢行為を働き逮捕。しかも現場は京浜急行品川—京急蒲田駅間。ウチの目と鼻の先。とのニュースを目にし「こっちのミラーマンもリフレーックス」なんて思ったから。しかも今度は鏡を介さず、直に触っていたらしい。あぁ、前回鏡を没収されたからネ。鏡がなければミラーマンに変身できないが、欲情した男45歳でも犯行は可能でした。当ったり前だがw。ちなみに前回同様、今回も容疑を否認しているが、あからさま乗る必要のない路線内でのことだからネ。まぁ、黒は黒のままで。

『教職』
 しかし驚いたのは犯罪を犯したにも関わらず、まだ教職に就けていてたと云うこと。これが少、中、高の教師だったらアウトだったでしょうに。そう考えると大学の教授職ってのは・・・ なのかネェ?当然、全ての大学、全ての教授職に就く人がそうだとは思いませんが、事実そういった事がまかり通っている様を目の当たりにすると、どうにも批判的になってしまいます。小学校であれ大学であれ、明るく誠実で心身共に健康な人が教職に就いて欲しいというのは、決して過ぎた願いでは無いと思うが、近年では難しいのかも知れない・・・ と思ってしまう今が悲しいネ。

『おお!』
 意図せず社会派っぽい括りになった。ただ、どうにも愚痴っぽいのは性格のせいか、年のせいかは永遠の謎。
[PR]
by cor_leonis | 2006-09-15 15:18 | 今日の宇宙的恐怖

間隙

『コンビニでクトゥルー』
 以前、コンビニでこの本を購入した。

「世界の神々」がよくわかる本 ゼウス・アポロンからシヴァ、ギルガメシュまで
東 ゆみこ 造事務所 / PHP研究所

こういった趣の文庫本が欲しくて購入したわけですが、北アメリカの項でクトゥルー神話の神性が取り上げられている。そして、本のタイトルを省みる。

 「世界の神々」がよくわかる本 ゼウス・アポロンからシヴァ、ギルガメシュまで

クトゥルーって、その間に入っちゃうんだw
オリジナルと二次創作の間といわれりゃ、確かにそうかも知れない…

『蜂蜜酒要らず』
 ちなみにクトゥルー神話の解説はガチ・ダーレス なので原神話スキーな人が読むと星辰の彼方へぶっ飛びます、要注意。ある意味ビヤーキーいらず。
[PR]
by cor_leonis | 2006-09-06 11:34 | 今日の宇宙的恐怖

与太話、もしくは…

『無精』
 ネタはあれども言葉にならない。やる気のクラッチが全く繋がらない。しかしECOを信条としているので、これ以上空吹かしする訳には行かないアイドリングSTOP。与太話でも認めつつ、半クラ発信。

『マンガ』
 最近、エロマンガ以外読んでなかったので久々に購入。

KNIGHTS 1 (1)
ムラオ ミノル / メディアワークス

 帯の広告を見ただけで適当に選んだ割りに面白い。中世の欧州をモデルとした世界で魔女狩りを題材にした物語。オマケに“黒騎士”なんて言葉がでてきてはネ。まぁ、ツボです。登場するキャラも気骨のある主人公、清純無垢なヒロイン、色物ネェちゃん… 最後のは要らない気もするが、掲載誌がそれを許さないんだろうネ。何に載っているのかは知らないが、めぢあわーくすなので電撃○○○なのは間違いないだろうからw(あの“とにかく物を売ろう!”という姿勢は、嫌いだが見習うべきモノがある)。1巻という事なので現在も続いていると思うが(というか続いていてくれ)話が何処へ向かうのか非常に気になる。最後どうするんだろう?大団円を望むが… 難しいか?書き手も編集者も変な美意識を捨ててくれれば実現可能だと思うが、イロ見せようとすると残酷なおとぎ話一直線だよコレ。世界は君が思うほど残酷にプログラムされてはいない。事を祈る(めぢあわーくす繋がりでw)。最後に。ベルセルクのパクリJAN!とかいう詰まらない輩は俺が伐る。

『エロマンガ』
 以降、恥ずかしい話。連載当時、気に入っていたが単行本を購入するには至らなかった1冊。最近になって古本で購入。ありがとうB●●k ●ff!

アルケミラの雫
龍炎 狼牙 / フランス書院

cor_leonisのメイド萌は此処で尽きていた。だから近年のムーブメントには今ひとつ便乗できなかったのだ。と、最近気付いた。ところで龍炎さんって最近、商業誌では描いてないの?同人誌しか見ない気がするのは偏見?ま、余り人に聞いたりする話でもないので此処まで。

『反省』
 ホントに人にするような話書いてネェ… 死にます。リインカーネーションを期待していてくれ。では、無限螺旋の彼方で逢おう!
[PR]
by cor_leonis | 2006-09-05 14:24 | Feeling / Memorandum