<   2006年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

風に乗りて歩むもの/フォマルハウトの獣

「暴君の贈物」
デモンベイン=大十字九郎の誇る超絶無比な呪法兵装が我が手に!
Windigo the Blackwood.
The minions of Cthugha.
c0036340_1485524.jpg
「術式」
ちなみにこれらの召喚には¥15,800(税込)に相当する術式を必要とした。その割りに無可動、ディテールが甘い、表面処理が雑なら塗装も雑と余り人にお勧めできるモノではない。

「現実世界の字祷子=金」
しかし、これらは機神咆哮及び機神飛翔デモンベインを120%楽しむ為の必須アイテムともいえよう。デモンベインを愉しむためなら10kや20kの術式が如何ほどの物か!という兵なら迷わず買え!そして思い知らせてやれ!デモンベインは金になると!!哀しいがそれが現代社会を動かす根源的にして窮極の術式だ!

ちなみに今回の記事が「今日の宇宙的恐怖」を謳いながら、それから激しく逸脱モノであるのはひみちゅ
[PR]
by cor_leonis | 2006-04-30 02:23 | 今日の宇宙的恐怖

2大超闘士、Mt.FujiをバックにHandshake.

「スーパーロボット大戦オリジナルジェネレーションズ」
 PV見て一人、大いに盛り上がっています。その勢いを駆って、半年くらい放置した寝かせた写真をデジラマに仕上げてみた。そして、最近はじめたmixiで公開… しようとしたら、壁紙サイズの画像はあげられなかったので、コチラにアップ。
c0036340_1491355.jpg

「グラヴィオン2(ツヴァイ)」
 今回の構図は「超重神グラヴィオン2」からリスペクト。ゴッドグラヴィオンとソルグラヴィオンがゼラバイアの群れを撃退した後、富士山をバックに握手をしていたカットです。あのシーンは2大超重神が並び立つ感動的な場面に遭遇した影の主人公アレックス・ゴールドスミスの反応が面白すぎた為、強く印象に残りました。当初はメリケン臭い軟派な飛行機乗りだったのに、ツヴァイになったら納豆臭いミーハーなスーパーロボットオタクになっていた彼。その余りのナイスキャラぶりは未だに心を掴んで放さない。唯一心残りはグラントルーパーでの活躍が無かったこと… ある意味、見せ場尽くしだったのだが(笑。まぁ、アレで真っ当に活躍したらそれは金髪のリュウセイ・ダテになるだけなので控えられたのだと僕は思っている。ちなみにこの画像の裏設定として、コレを撮影したのはリュウセイということになっていたりいなかったり(笑。

ふー… なんだか宇宙的恐怖はどこにいったのか分からなくなってきたので、そろそろそちらについても何か書かなきゃなと思いつつ今日はここまで。
[PR]
by cor_leonis | 2006-04-27 14:55 | Degirama

「Fate/another score -super remix tracks-」を思う

「ばれた」
細々とブログを弄っていたのが人の知る所となった。コレでまたサボり辛くなった。という訳で久しぶりに何か書いておこうか。

Fate/another score-super remix tracks-
ゲーム・ミュージック NUMBER 201 / ジェネオン エンタテインメント
スコア選択: ★★★


1.EMIYA#0
2.SERVANTS
3.EXCALIBUR(ABSOLUTE SLASH MIX)
4.THE KING OF KINGS
5.AVENGER(PRIMAL LUST MIX)
6.UNFORGETTABLE
7.BLACKHEARTED,STEEL SOUL
8.TSUBAME-GAESHI
9.MAELSTROM
10.OUTBREAK(RED HOT TORNADO MIX)
11.WARS(METEOR BLAZE MIX)
12.LAST PIECE(NO MORE TEARS MIX)
13.TIME GOES BY

ゲームはやってません。ファンディスクなど以ての外。それでもアニメは欠かさず見ているテレビっ子。そんなアニメを視聴中流れたCMの曲がいたく気に入った為、セル盤を購入(音楽はもちろん、映像もいつもはレンタルで済ませる。それが斑鳩クオリティー)¥2,500。

「聴くよ〜」
ゲームをやっていないので原曲に先入観が無い状態で聞く。つまりリミックスの意味皆無。だって原曲知らないもの(ホントは以前サントラを聴いたが、さらさらと聴き流したのでまるで憶えていない)。1曲目はCMで聴いたあのトランスだった。好みの曲に暫し聞き入る。しかし、残念ながら2曲目以降に心の琴線を掻き鳴らすモノはなく、聴き流すことになった。

「聴き終わって」
どうも1曲目以降はアレンジが雑な気がしたので原曲と聴き比べたが、そもそも人の作ったモノにどうこう言える程知識や経験がある訳じゃなし、さらに音楽の好みなど千差万別。聴く人が聴けば極上の音楽かもしれないが、それにしたってコレはどうかな?と思わせるモノだってある。保身のため何曲目とは云いませんが… あります(苦笑。

「約束の上でなら」
1曲目の「EMIYA#0」は素直に進められるし、前述の曲を除けばそんなに悪いアルバムじゃない。だが、同人でもっと格好いいリミックスアルバムが唸る程ありそうな気もしている。そんな訳だから、ゲームをやり込んでいて、原曲大好きーっ!な諸氏はコレを聴く前に「多大な期待はしません」と約束した上で聴くことを勧めよう。
[PR]
by cor_leonis | 2006-04-18 20:34 | Feeling / Memorandum