世は並べて事もナシ<某財閥傘下企業も出展(ウソ) 篇>

 まったく関係ないけれど意外な人が描いた意外な娘。ふつうに考えたらありえないコラボだけに感激。そして、やっぱりインテークは難物だったらしい。

 閑話休題

 今回の催しは航空宇宙業界向けである。それを弁えず「心神Yhar♪」とかホルホルしていくと寝る。つか、寝た。
ちなみに御剣財閥系列企業は出展していない。

『筋肉と小脳』
c0036340_18315373.jpg
 大半の企業ブースには、こんなものが並んでいる。ちなみに写真は「日本ムーグ」という会社が指揮するチームが作っているF-35のアクチュエーターとその制御装置。

『corleonisが、横浜でぇ、NH90にであったぁ(下條調)』
c0036340_14382034.jpg
 今回嬉しかったのがユーロコプターの「NH90」という軍用ヘリに乗れたこと。やはり実機に触れるといろいろと奮い立つものがあるネ♪ 普通に生活していたら絶対に触れることのない物に触れるだけで、いらぬ想像力が刺激されて困ります。



『マルチロール機の雄』
c0036340_18445294.jpg
 ユーロファイター、看板が面白すぎゆ。パートナーシップ。納入。英国の無様を見るとギャグを云っているようにしか聞こえない。お土産に配られていたビニール手提げとタイフーンが描かれた四つ折ポスターはしっかり頂ました。

『分かりやすいフルボッコの図』
c0036340_1595997.jpg
 ロッキードマーチンのブース。2面構成で、一方は写真のようにラプターとライトニングⅡなどの模型が並び、その後ろには敵を一方的にボコるシステムの概念図。もう一方は爆弾とミサイル。MD構想の主役PAC3や爆弾、そして
c0036340_1692030.jpg
スナイパー光学照準ポッド。イラク戦争ではF-14やF-15が、最近ではB1-Bが装備して精密爆撃したそうです。音速精密爆撃とかしたのか?

『それは違う』
c0036340_17444157.jpg
 ボーイング社のブース。ポスターやカードケースなどいろいろなグッズを配布していた。当然、欲しいので配布の列に並んだのだけれど、数人手前で物がなくなってしまい貰えなかった。すると前に並んでいた青年が忌々しげに「子供にやる必要なくね?」とぼやいたのが聞こえた。違うぞ、ボーイングにとって金にならないのは子供も貴様も一緒だ。なら企業イメージ向上のために子供に配るのが常等。オタクのためにやっているワケじゃないんだから、弁えろ。
 展示のメインは旅客機でも目を引くのはやはり戦闘機。ミサイルてんこ盛りなF-15FXとF/A-18Eの模型。F-Xの選考にあがっている両機ですが…
c0036340_1884914.jpg
c0036340_1885844.jpg
 輸入する商社が違うなんて始めて知った。双日はF-15FX(陸自を貧乏にしてくれたアパッチ・ロング某も双日なんだネ)を、伊藤忠はF/A-18E/Fを絶賛売出し中。ビジネスデイには派手な火花が散っていたに違いない。

『HMD体験』
c0036340_1816497.jpg
 島津製作所のブースでは、ヘッドマウントディスプレイが「ご自由にお試しください」だったので付けてみた。右目の前にある透過ゴーグルに映像が映るタイプ(映画「アパッチ」でパイロットが付けてたヤツ)だったけれど、映像は文字がスクロールするだけだったので、実際の使用感は、正直よく分からなかった。それは置いておいて、装着する際、一度メガネをはずしたcorleonisに「メガネのままでも大丈夫ですよ」と声を掛けてくれた係員がHMDの位置を調整しようといじって、パキッとなったのはキット気のせい。

『それって』
c0036340_1831234.jpg

 首都圏には新たな空港が必要だ。ローコスト化したので負担は軽いです。と、仕切りに訴えていた。ローコスト化により一般の空港に見られるような搭乗口などはなくなったらしい。
…それって、軍事転用の際に不要なものはありませんって云ってるように聞こえるんだけれど、おk?

『カレーの香り』
 最後に「心神」について。実機(というのか?)は噂どおり、コレまで見てきた戦闘機と比較したらかなり小さい。全長は同会場に展示されていたNH90より短かった。撮影できないのは当然として、後方には衝立が立てられ、後姿が拝めないようにされていた。雑誌の取材でもエンジン周りは絶対に公開されていなかっただけに当然の処置といえる。なので、雑誌で紹介されている以上の情報は拾えなかったのだけれど、噂以上にコクピット周りの違和感が強いのが印象的だった。機体各部にステルス機特有の六角形パターンが見られたり、RCS低減のために揃えられた翼の角度などに対し、むき出しのリベットやエアセンサーが、まさに取って付けたような不協和音を打ち鳴らしていた(これはT-4練習機のコクピットを搭載しているため。そのせいで実際に飛ばす予定があるんじゃないか? と噂されている)。パッと見た感じでアレなのだから、フランスで行われたRCS測定の結果がどうだったのか? 国家機密だけれど気になる。
 と、素人目にはこんなものだけれど、航空技術・軍事技術に携わる人が見れば、きっと拾える情報の質が全然違ってくるはず。そういう意味で一般公開は早いんじゃないかと言ったのだけれど… 見せちゃってもいい理由に、一つだけ思い当たるのだけれど… まさか? ですよねーw
 ちなみに防衛省のブースは、隣にある売店から漂ってくるカレーの香りで満たされていました。記憶と香りには強い結びつきがあると聞きます。今後、corleonisはカレーのシパイシーな香りを嗅ぐたびに心神を思い出すことでしょうw
[PR]
by cor_leonis | 2008-10-08 19:02 | Feeling / Memorandum
<< 世は並べて事もナシ<碇星が並ぶ... 世は並べて事もナシ<仕事が終わ... >>