クラッ☆

 転んだら只では起きられないことに定評のあるcorleonisです。

『とある聖人に由来する…』
 しつこいとお思いでしょうが足の話です。
今朝、シャワーを浴びていたときのこと。泡を流しながら傷の上を撫でたところ、指先にチクッと何か異物感。風呂から上がり観察すると、傷口からニョキッと一本、太い毛が伸びている。一本だけ○○な毛は抜く性質なので抜いてみる。抜いた毛は太くて硬い上に直毛… というか、

毛じゃネェ

これってアレだよね…

縫合用の糸

不安になったので傷痕を観察してみる。うっ血で黒ずんでいた傷口も最近は落ち着き、普通の肌色に戻ってきた。お陰で浮かび上がってきた“黒い線”。コレって…

糸、抜き忘れ?
しかも、恐らく3本

医療ミスだよね… 院名に冠した聖人の名が泣くぞ。
取り合えず病院へ行って怒ってこようと思います。
が、それより抜糸の際に上に再生した皮膚を切開するのかどうかを考えるだけで血の気が引きます。痛いのはもぅ嫌なんだけどなぁ…
[PR]
by cor_leonis | 2008-09-08 20:06 | Feeling / Memorandum
<< 世は並べて事もナシ<ちょっと光... 世は並べて事もナシ<更新頻度は... >>