先々月の琵琶湖は雨のち… / Tactical Surface Fighter in Action #6

 退役した為、戦闘機年鑑では1ページしか扱われなくなってしまった雄猫に哀悼の意を表し。

『#6 Sortie at daybreak / 暁の出撃』
 立ち上がれ 誰よりも 強い思いがあるなら。初音さんの歌では一番好きカモ。
 1998年8月。東進するBETAにより、僅か一週間で西日本の殆どを失った日本。首都「京都」の陥落も時間の問題となり、撤退を開始した帝国軍。その殿を務める部隊の撤退を支援するため、琵琶湖運河上に展開した米国海軍第七艦隊所属の「ミニッツ級原子力空母セオドア・ルーズベルト」の甲板より黎明の空へと飛び立つ機影は、米国海軍の精鋭、第103戦術歩行戦闘隊“ジョリーロジャース”が駆る戦術機「F-14D トムキャット」である。
c0036340_20113643.jpg




F-14という浪漫』
 男の子でF-14が嫌いという人は恐らくいないでしょう。現役を退いて(イラン空軍では現役らしいです)尚、絶大な人気を誇る戦闘機ですよネ。corleonisも好きです。でもF-15はもっと好きです(ムフー。
 F-14といえば、200kmという探知距離でも、24目標同時ロックオンでも、まして必殺のフェニックスミサイルなどでもなく、可変翼に尽きるでしょう。理屈なんか知らなくても直感的にカッコイイ! と思えるそれは間違いなくF-14最大の魅力☆

なーのーにー

戦術機のF-14ったら可変翼が見当たらないじゃない! 設定では跳躍ユニットの補助翼が可変機構を持つらしいけれど…

そんな所ピコピコ動かれても
ひとっつもうれしく無い

確かに可変翼はカッコイイ。けれど戦闘機は戦闘機、戦術機は戦術機。戦術機には翼が無いのだから、肩装甲が可動して肩部推進器と跳躍ユニットの推力ベクトルを同方向に向かせる可変式推進器とか、翼を脚に置き換えた脚部変形とか、元となった戦闘機の特徴を戦術機にあった形に巧く落とし込んで欲しいよネ。運用についても、これまで見てきた戦術機の情報処理能力から鑑みるに、クラスターミサイルを用いた高速一撃離脱に乗員2名は不要じゃないかな? それそこソ連機のように近接戦をこなしつつハイブを進攻しようとでもしない限りは。文句ついでに、膝と跳躍ユニットだけ執拗にモールディングが施されてるんだけれど、スッキリした胸や肩の印象との齟齬が強くて、不協和音を奏でているように思えるので、修正されることを強く望む。

『髑髏隊』
 まぁ、トムキャットといえばやっぱり黒地に黄色帯、そして白のスカル&クロスボーンだよネ。我ら日本の男の子にとってはジョリーロジャースというよりスカル隊ですが。そういう意味では、今回のF-14DトムキャットとVF-1Sバルキリーは、共に現実のF-14をモデルにした異母兄弟なのかもしれないネ。指揮官機と一般機を分けて作ったのも、もしかしたらその辺りを意識したのかもしれない。 …ということは「ジャップを一人でも多く逃がしてやれ」と云っていたジョリーロジャース1はALT世界のロイ・フォッカー少佐?

Hobby JAPAN (ホビージャパン) 2008年 06月号
ホビージャパン
アメリカ空軍 グラマン社 F-14A 「トムキャット」
VF-84「ジョリー・ロジャース」
AG-Bird機体番号200 551502

ヘルパ
[PR]
by cor_leonis | 2008-07-04 20:20 | Muv-Luv Memorandum
<< 星に願いを / もしかしたら続... 世は並べて事もナシ<全治3時間篇> >>