ATFでマブラヴ/A3 2008 LIMITED

 A3は物販イベントが無いと盛り上がらないのか?
 とは言え、何も無いままドロップアウト(フェードアウトだね。間違ってるねw)されるよりは全然良いし、ラインナップ増えて嬉しいことに変わりないので、一頻り踊らされておこう。それが正しい消費者の在り方であり、市場を活気付けるためには必要なことだ。ロボモノでは数少ない拠り所なんだから。いや、夏からのアニメ、本当にロボものが無いな、と独りごち。

A3 2008 LIMITED
 米国の先進戦術戦闘機計画で競った2機がALT世界にも登場。これにインスパイアされた話として有名なのは、やはり「マクロスプラス」ですネ。corleonisもスキです。と、マクロスの話をはじめると明後日の方向へ飛んでいってしまうこと受け合いなので止めときます。

『YF-23 ブラックウィドウⅡ PAV-2 グレイゴースト』
 冬のワンフェスで掲示された「TOP SECRET」は残念、Su-47ベルクートではなく、このYF-23 ブラックウィドウⅡでした。キャラホビで初売り。¥7.14kですか。ますます中共が嫌いになります。
 尖ってますね。そりゃもう、ソ連機のように。帝国軍が長刀を持ってBETAを斬りつける事が“狂気の沙汰”と云われる世界で、この銃剣はまさに“既知外の刃物”とでも称しましょうか、モーターブレードの上をイってます。ラプター以上に攻撃的なシルエットでYF-23というのが、今ひとつピンとこないのは、やはりマクロスのYF-21のせいかしら。YF-23ってラプターより丸いってイメージがあるんだよネ。構造的にはヒザA-LOCK両脇の装飾が気になります。あとヤッパリ腰アーマー。また遊んでる内に折れるような仕様じゃないだろうネ。
 ちなみに、久しぶりに見た「マブラヴ オルタネイティヴ」まとめwikiには、既にYF-23 ブラックウィドウⅡに関する記述が確認できます。ホビージャパンに載ってるのかな? で、説明を読む。なるほど。

X-29の流れでソ連へ渡り
「ベルクート」ないし「PAK FA」になるんですね。
わかります。

『YF-22 N22YF』
 云わずと知れたラプターのプロトタイプ。ストライク・イーグルと同じ色ですね。F-22Aの緑よりコチラの方がやはり落ち着きます。というか、あの緑は何の嫌がらせだ。ワンフェスで初売り。¥6.825k。まぁ、ラプターについて今は現実世界のF-X問題が面白すぎて、ちょっと盛り上がりに欠ける。

Jウイング 8月号
イカロス出版

『MOEコレ アージュアルティメットキャラクターズ1.5』
 こう来たか。うーん… 欲しいような… そんなでもないような。まぁ、ご飯食べるのに困るほど財政が窮していない限り買うさ。そして冥夜がまた2体入り。人気は冥夜だろうけれど、2の時に速瀬中尉と涼宮中尉が被っているので、涼宮訓練兵を余計に入れて欲しかった。

『XFJ-01a 不知火・弐型』
 遂に心の姿を現したType-94second。いや、ハデだw デモンストレイターだからそうなのだけれど、もはや戦術機ではない何かに見える。
コレを見たあるひとのコメント。

戦術機を構成する要素のひとつに、
「地味な配色」も含まれている事に気付かせてくれる名機

然りw
まぁ、久しぶりに盛り上がってきたので、TEの話をしながら弐型の事は改めて。
[PR]
by cor_leonis | 2008-06-25 19:42 | Muv-Luv Memorandum
<< 世は並べて事もナシ<やんでれめ... 世は並べて事もナシ<梅雨晴れ呆... >>