世は並べて事もナシ <篇>

 「キミキス pure rouge」凄かった。思い入れのある作品が、自分の期待とは違った形になることで拒絶反応が涌き熾るのを久しぶりに体感。corleonisもまだ若いネ。でも「ウルトラセブンX」程じゃなかったよ。セブンXは見た後にメビウスで口直しをしたものw。キミキスとセブンXについてはまた改めて語るよ。

『中原麻衣と小清水亜美の選曲がわっちのハートにClean Hit☆』
 「舞HiME」のようにポロッと諸悪の権化が登場するご都合主義的展開になることもなく、不完全燃焼気味に幕を迎えた「アイドルマスター XENOGROSSIA」。インベル変態もデッカードほどの根性を見せることなく素直に還っていった。なんか勿体ない。折角こんなモノ(↓)まで買ったんだから、もっと盛り上がって欲しかったなぁ…

アイドルマスター XENOGLOSSIA キャラクターボーカルアルバム Vol.1
ランティス
紹介:こんな企画は今まで見たことない!史上初!!春香そして真を始めとする『アイドルマスター XENOGLASSIA』のヒロイン達が、『サンライズ巨大ロボットアニメ』のOP主題歌を熱くカバーしちゃうのだ♪ (「とれたて!ほびーちゃんねる」より引用)

 「¥2,400分は笑わせてくれるっしょ♪」と思ったら、半分笑って半分聴き入ってしまった。以前は途端に吹き出してしまう様なものが結構あったのに、最近の声優さんってフツーに歌上手いネ。喜多村英梨の「炎のさだめ」と中原麻衣の「Shining☆Days」、清水香里の「ダンバインとぶ」は聴き入りました(沁々。特にダンバインとぶは「オリジナルに迫るモノがある」と野良騎士団イチ、聖戦士ダンバインを愛する男が絶賛。井口裕香の「ドリーム・シフト」「微熱S.O.S.」、名塚佳織の「風の未来へ」は“春香が!亜美が!歌っている!!”感が押し出されていてカワイイ。コレを前述の3人でやられたらと考える… と、キャラの売り方はよく分かってらっしゃる模様。そしてコレ(↓)が10日売りの本日発売なので、帰りに買っていこうと思う。コチラもなかなか奮った内容で期待大だよ♪

アイドルマスター XENOGLOSSIA キャラクターボーカルアルバム Vol.2
ランティス

『TRANCE』
 「Vol.1無敵」を買ってきた日。もう一枚購入した。こちらも¥2,000円分笑うつもりだったのだけれど…

EXIT TRANCE PRESENTS CODE SPEED アニメトランスBEST
chum / EXIT TUNES(PC)(M)

 笑えないよ。選曲に惹かれて買ったけれど失敗だった… 「トランス」と云う言葉の意味を噛みしめ「クラブでそういった精神状態に陥っていたなら聴けるのかもネっ!」と部屋の畳みに投げ棄てた。PCにすら落としていない。しかし、コレのVol.2が出るらしい… ココまでくると寧ろ怖いモノ見たさで買ってやろうかと思ってしまう自分は、この版により既にトランス(常態とは異なった精神状態)へ誘われているのではないだろうか? と考えなくもない(SAMチェック失敗 → 一時的な狂気)。 と云う訳で「ココにもあった現代のエーリッヒ・ツァンの音楽」でした。
[PR]
by cor_leonis | 2007-10-09 18:59 | Feeling / Memorandum
<< 大きいことが常に素晴らしいとは... 世は並べて事もナシ<秋刀魚両断篇> >>