帯に短し… / 誰かがカッコゥと啼く

 実に4ヶ月ぶりの「今日の宇宙的恐怖」… もはや“今月の〜”ですら間に合わないネ。烈・猛省。 ちなみに昨晩、桜花作戦が発動しました。 だから、チョットの間くらいそこから離れろ、corleois。

『神話作家イダタツヒコ』
 ふらっと立ち寄った本屋で購入。当然、連載があったなんて知りませんでしたわw。でも、やっぱりイダタツヒコのマンガは面白いねー♪ そこに旧支配者や邪神眷属群、魔導書など描かれていなくても、作品の中には確かに空気が満ちている。宇宙的恐怖に侵された空気が! corleonisの見立てだけれど、「ヘラルド」やこの「誰かがカッコゥと啼く」が原神話系。「BLADE」や「外道の書」「ゴルディアス」はダーレス系。どちらもその空気が描かれているので、本当に上手いなぁ というか好きなんだなぁ〜 と感心する。ちなみに「美女で野獣」は密かに原神話系… かも?

誰かがカッコゥと啼く 1 (サンデーGXコミックス)
イダ タツヒコ / 小学館
内容/自らを「魔王」と称する子供たちに「喰われ続ける」運命を担った小学校教師・作馬。現実と異世界、そしてその両方の破滅を目論む者たちのバトルを描いた、戦慄のアルティメット・デッドエンド・ホラー!!

『帯』
 「誰かがカッコゥと啼く」は新刊なので“帯”が付いていたのだけれど、そこには「ひぐらしがなく頃」作者の推薦文が書かれていた。「このマンガは酷い噺だから読まない方がイイよ」という風のお勧めコメント。 それがダメだとは云わないけれど(それみて購入する人もいるだろうしネ)、あのコッチ系著名人の仰々しい推薦文。空々しくてチョット萎えるよ。これも一度手に取って、それを読んで戻したさ。 まぁ、最終的には買ったので、いいと云えばいいのだけれど… もう少し普通に書いて欲しなぁ。
[PR]
by cor_leonis | 2007-07-13 14:51 | 今日の宇宙的恐怖
<< Drill Milkyway ハチキス 或いは キミクロ /... >>