藤の花が散るまえに / LLKCE 機動戦士ガンダムSEED RPG

 マスターをやって久しぶりに「面白かった」と褒められた。やればできる子ですよ。

『シン・アスカの気持ち』
 プレイヤーには、オーブ国防軍 衛士 兵士となってもらい、MS開発のテストパイロットとして頑張ってもらった。1日という限られたプレイ時間だったので、物語の最後は連合のオーブ解放作戦に対する本土防衛。それまで必至に頑張ってきたPCたちだったが、刹那的、感傷的としかいえないオーブ首脳陣の暴挙(交戦した挙句、自決)に憤慨。これまでガンダムSEEDを適当に見流してきたプレイヤーたちが、口々に云う。

「シン・アスカの気持ちが分かった」

信じて来たモノに裏切られ、大切な者を奪われる。そりゃビッチ(アスラン)を女装させて「マユーッ!」って跳び付くよね。 …アレ?

『オーブ国防軍 フジサキ・マツリ一尉』
 野良騎士団のガンダムSEED RPGには“種割れ”を再現するシステムが実装されている(ルールの目指す所は、種を割らずに育み、人と分かり合っていこうというモノ)。親しいNPCがPCの眼前で死亡した時、コレが発動する仕掛け。なので、GMはトリガーとなるNPCを用意しPCと絡ませたわけだけれど…

辛かった(泪。

ゲームだし、GMを務める者として割り切ってやらなくちゃいけないと思うのだけれど、それではプレイヤーが感情移入できない軽いキャラしか演る自信がなく、NPCも物語の都合で事務的に殺されるだけで、場を白けさせる自信があったので、いっそやりたかったキャラを演ろうと準備したのが、このフジサキ・マツリ一尉。

c0036340_14264955.jpg種割れ役を少年兵と決めていたので、アムロとマチルダさんを目指す形で、時に厳しく、時に優しく少年を導く上官… はい。白状すると、神宮司軍曹がやりたかっただけです。ただ、当初は神宮司軍曹のつもりだったのに、気が付くと篁中尉でした。30になっても大人を演るのは難しいネ。それでも頑張った甲斐あって少年兵(のプレイヤー)をジョシュアの最深部へ引き込む事には成功(うっかり最年長キャラも引き込んでいたけどネ)。あとは「青き清浄なる〜」とサイクロプスがビーッとオプティックブラストを… ん? といった感じで、侵攻してくるストライクダガーから自身を庇って散ったフジサキ一尉の亡骸を抱き上げて絶叫、少年兵は積み上げてきた人間性を突き崩し“種割れ”、バーサーカーと化して戦場の敵を驚異的な戦闘力で一掃した。やはり思いのこもった賽の目は違うネ。それまで2D6で6を連発していた人間とは思えない賽の目だったよ。ただ、ゴメンね。別れの言葉も掛け合えない悲しい別れで。それもアリと言えばアリかも知れないけれど、物語的には別れと共に「ハウメアの守り石」でも渡した方が盛り上がったと思う。でも情けない話…

corleonisも感極まっててネ(恥

そんなことしたら泣いちゃってたよ(恥々。ほんと「暁の車」なんて掛けなくて良かったよ。あれは感動30%増しにする呪歌だからネ。危ない2

『日本帝国陸軍 藤咲 祀莉中尉』
 しかし、何をそんなに感じ入っていたのかというと、先に述べた通り。いつかはやりたいキャラだったのさ。それもマブラヴオルタネイティブRPGで。名前とプロフィールは半年前から考えてあったので思い入れも一入。そんなキャラがあんな目にあうなんて… いや、演出をしたのはcorleonis自身だけれどw、やっぱり哀しかったの。
このSEED世界での因果が、我々という因果導体を介して、ALT世界でも悲劇を生まないことを切に祈る。 …ホントだよ。

『反省』
 プレイ中にイラストを描く気があるキャラを“美人”だと云うのは止める… 脳内フジサキさんはもっとキレイなのに(泪々。
[PR]
by cor_leonis | 2007-05-23 14:28 | Feeling / Memorandum
<< 世は並べて事もナシ 三界また火... 世は並べて事もナシ / fin... >>