話題は主にジムコと突撃前衛/機動戦士ガンダムRPG U.C.0079 連邦Side

 折角、何かを書くのなら、こちらに残して更新数を稼ぐことにしたw。よって今回は野良騎士団関係者以外、読む価値ナシ。 …ま、いつもの記事にも読む価値なぞ、ありはしないけどw。

『Иля=Ларионов』
 「イリヤー・ラリオノフ」と読む。週末に行われた「機動戦士ガンダムRPG」のセッションで使ったcor_leonisのPC名。ロシア系男性/18歳。サイド5出身の連邦軍人。「ルウム戦役」では支援任務にボールで出撃。そこに後方よりMS部隊の強襲を受け部隊は壊滅するも(この時、戦死したと思われた同僚「ホイットマン」とは後に月面エアーズ市へ潜伏中に再会)、一人、生還を果たす(経歴は「孤立無援」「ボロで勇戦」)。暫くの入院生活後、復帰。MSへの機種転換訓練の後にヴァイス隊へ配属(ここから参戦)。セッション中、危険な発言が見受けられたが、指針を見ると「第一指針:調和」「第二指針:主義」となっている。彼の掲げる“調和”が如何なる物か、誰か教えてくれ。
 開始練度が2だったので、大して役には立たないと思っていたが、練度4で始めたローマンよりは役に立っていたと思う。途中、4度ほど死を覚悟したが、それらは根性と執念、そして味方の挺身により何とか乗り切れたので良かった。唯一、身を挺して助けてくれた相棒を最終戦で死なせてしまったのが心残りだが、引きずるとソチラへ呼ばれるので、彼の事は“衛士の流儀”でバカ話として語り継いでやろう。コガ、九段で待ってろ!w。

『RGM-79GS』
 ジム・コマンド・スペースは素晴しかった。cor_leonisが要求する全てが揃った名機。これに搭乗した後は世界観が変わった。「重装甲化」が必須なくらいで、ほとんど手を加える必要が無く、扱いやすいのも美点だ。武装は「ビーム・ガン」が使いやすいが、高価なのでおいそれと運用できない。それでも90mmマシンガンと360mmバズーカという双璧が揃っているので、火力に不足を感じることは無いだろう。今回、あの苛烈な砲火の中生き残れたのは間違いなくこのジムに乗っていたからに他ならないだろう。ありがとう、ジム・コマンド・スペース。そして次回もよろしく。
 ちなみに次回、機会があれば「ジム・ライトアーマー」にも挑戦してみたくなった。この機体、武器を見誤らなければ、強いね。コガが瞬殺された様から、絶対に乗らないと誓っていたが、最大の武器たる“移動力”を活用し、味方を盾に(敵機との間に味方を挟んだり、一時回避で下がったダメージを挺身防御してもらったり)一人波状攻撃を繰り返せば、安定した戦果が期待できる。欲を言えば「一撃離脱」を持って移動力をより有効活用したいが、そんな余裕は無い。何故ならコガが死んだので「MS格闘熟練」をとる必要が出てきたからだ。

『突撃前衛』
 コガが戦死したことでウィッチブルーム隊の「突撃前衛」が空いたので、イリヤーが気を吐く必要が出てきた。「強襲掃討」のつもりでキャラを育てていたので「運動」は低いのだが、完全に捨てていなくてよかったよ。本当はポイントを回すつもりが一切無かったんだよねw。ただポジションが徐々に「強襲掃討」から「強襲前衛」に移っていき、運動を上げざるを得なくなったので、徐々に回していた。ほんとうによかった。ちなみに開始時は11、現在25前後まで上げてある。次のレベルアップまでにコレを30以上まで上げて「MS格闘熟練」を取れるようにしなくては。そして突撃前衛としてがんばるさ。
 ちなみに現ウィッチブルーム隊員の各ポジションはこんな感じだと思う。

 突撃前衛:コガ(戦死)
 強襲前衛:イリヤー
 強襲掃討:
 迎撃後衛:ディーノ
 打撃支援:クーロン
 砲撃支援:セイ
 制圧支援:

次回コレにジンが加わる。多分、ポジションはイリヤーが抜ける「強襲前衛」。そこにコガの後継キャラが「強襲掃討」として加わってくれれば磐石かな。

 「何、言ってるの?解熱剤でも入れるか?ぷすっと」という人は「マブラヴALTERNATIVE」をプレイするかココを参照
[PR]
by cor_leonis | 2007-01-16 22:56 | Feeling / Memorandum
<< 魔女の箒 世は並べて事もナシ<乾燥注意篇> >>