ココロの中のあの娘が吼える+憩いの落書き

タケルちゃんの声「相庭剛志」の相庭って“アイバ弟”からとったアイバだろうか?(無限のリヴァイアス参照)
ここの所、見事にマブラヴネタばかりだが… ま、良いだろう。

『マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス』
 たのしみにしてたのにぃぃぃ…

バカァ〜ッ!!

成人誌だからって遠慮して中見ないで買ったら、

予告でお茶濁して終わりじゃ〜ん(涙。

BETA少女なんて萌クトゥルフみたいなことやってる場合じゃないよー。しかも原型とどめてないじゃん。400ページもある雑誌で読むの4ページってなんだよぉ。信じらんないよ。最低だよ。最悪だよぉぉぉぉ(泣。


TECH GIAN (テックジャイアン) 2007年 01月号 [雑誌]
/ エンターブレイン

『マブラヴ オルタネイティヴ ファンディスク』
 と純夏ごっこはこの辺にして… いや酷かったね。ギャルゲー誌なんて久方ぶりに買ったらコレだ。予告を確認していなかったのはコチラの落ち度だけど、ギャルゲーメーカーのリリース情報なんて信じるモノじゃないネ。改めて思い知りました。まぁ、ファンディスクの情報はうれしかったけどね。現状、内容はラストエピソードで参戦したヒロイン達(悠陽殿下、社霞)がメインのショートエピソードと、オルタ世界を舞台にしたタクティカル・シミュレーションがメインになりそうだね。こと、シミュレーションはネクタリスの香りがするよ。
…危険だネw。

『レミィ・レネ/SRW OG in LLK』
 最近、絵を描いていなかったので、おもむろに落書き!そして着色!気付くと午前4時!!落書きって楽しいけど、なんでこうもスパルタンな生活を強いられるのだろう?まぁ、暇な時は描く気がしないんだけどさ。
c0036340_1654257.jpg
 OG in LLKでは最近一番のお気に入りキャラ。プレイ当時「ゾイドジェネシス」最盛期だったとはいえ、性格はルージ、名前はレ・ミィと我ながら直球を放ったものだ(呆。ちなみに“レミィ”はちゃんとフランス人男性名。脳内イメージがルージのままなのが悔しかったので描いてみたが… なんか同一線上のデザインからは逃れられなかったな。性格が一緒だからしかたがないのだけれど、もっとこう違う印象が欲しかったな…
 子供キャラは一人では絶対にプレイ不能。それを教えてくれたのもレミィだった。少年兵って役は好きだけれど、レミィほど上手く立ち回れたことは少ない。少年兵など幼いキャラは、他と違って使命や責任、義務といった縛りが極端に緩い。故にキャラ自身で目的を作り、それに向かって動くのだけれど、子供故、行動は極端で力任せな拙い方法をとる。ここで問題が起きる。この暴走じみた行動を止め、諭してくれるキャラ、(レミィの場合はジョシュア)が居ないと、空回りした挙げ句、着地点を見失い訳の分からないキャラになってしまう。レミィの場合はさらに、ジョシュアとのやり取りの中から新たな目的を見出すといった事もできたので、より面白く立ち回れていたのだと思う。この決して一人では完結させられないという点が子供キャラでプレイする際の難点だと気付けたのは大きかった。
 先日「裏4次をやる!」という話をしていましたが、その時はぜひレミィたちでソウルセイバーを駆りたいと思うこと仕切です。
[PR]
by cor_leonis | 2006-11-22 16:46 | Feeling / Memorandum
<< UC宇宙に潜む神話 半月ぶりの戯言 >>