蒸気浪漫をもとめて

「お湯、沸かしてる?」
 というのを今後、蒸気系RPGへのネタ振りに使おうと思かと…

用例/
 A「よぅ、元気にしていたかい?」
 B「あぁ、お陰様で」
 A「ところで最近、お湯、沸かしてる?」
 B「いや、ココの所忙しくてね…」
 A「近い内に沸かすんだけど、よければ一緒にどう?」
 B「イイね、久しぶりに罐を温めとくよ

…沸いてるのは、あなた様の頭では?」とか冷静な意見は禁止。

サクラ大戦 蒸気工廠
ドリマガ編集部 エンタテインメント書籍編集部 / ソフトバンククリエイティブ
出版社コメント/「サクラ大戦3・4」のメカニック設定を詳細に解説し,好評を得た「ドリマガ」連載の「蒸気工廠」がついに単行本化!光武Fシリーズをはじめとする機体のイラスト化と,蒸気技術の歴史や背景にまでおよぶ記述でサクラ世界のメカニック面を鮮やかに見せてくれた連載記事を再構成。さらに人気のニャンニャンのコーナーもスペシャル版として収録予定(ニャンニャンの描きおろしコミックもあり)。カバーイラストも明貴美加氏による描き下ろしという豪華な内容で,サクラ大戦ファンにはぜひ読んでもらいたい1冊です!

サクラ大戦V~さらば愛しき人よ~ 蒸気工廠USA
明貴 美加 鈴木 ドイツ 金子 良馬 / ソフトバンククリエイティブ
出版社コメント/ドリマガの人気コーナーついに単行本化。「サクラ大戦Ⅴ~さらば愛しき人よ~」に登場するメカを徹底的に解析します。単行本化にあたって、新たにサニーサイド・カーとラチェット・カーのページを追加。さらに、スターの前身である幻の機体「Vスター」(ゲーム未登場)を初公開! 解説役の技術長&整備士コンビが贈るコラム「うめと源太郎」も必見。作品の背景となる紐育の科学事情を解説 した「蒸気のある生活」ももちろん全収録。 4コマコミック「すすにゃんUSA」はノコが奇跡の大活躍か!? 描きおろしも加えた「すすノコUSA Special」に生まれ変わりました。さらに巻末には、 陸戦形態と空戦形態を選択できるコンパチブル仕様のペーパークラフト・フジヤマスター型紙と、ミニサイズのエイハブ型紙を特別収録。

「副読本だが」
 今は亡きサターンで『サクラ大戦』が発売された頃は、何だこんな物!と毛嫌いしていたものだが、気が付くとお気に入りになっていた。といっても、ゲームは1の途中までしかやったことが無い。それでどうして嵌れたかと云えば、ドリマガに連載されていた“蒸気工廠”と“蒸気ある生活(くらし)”こそがその原因である。コレらは主として存在するゲーム『サクラ大戦』シリーズを一層楽しむための情報であり、それらを編纂した副読本『蒸気工廠』、『蒸気工廠USA』も然りである。しかし、その中で言及される南北戦争における人型蒸気誕生に始まる霊子甲冑開発史や、蒸気ある生活で紹介される『サクラ大戦』の世界などは、ゲームの舞台裏へ沈めてしまうには実に惜しい、魅力的で面白い出来である。正味、これだけで食パン一斤は美味しく頂ける自信も在る。そのような物為ればこそ、設定オタクを自負する者が傾倒しない訳が無い!故に、どっぷり肩まで浸かっている次第である。

「いつかはやりたいサクラ大戦RPG」
 ただ残念なことにこの人、設定オタクは設定オタクでも、実践派設定オタクであり、見知った、考えた、あらゆる面白い設定は使わなくては満足できない困った奴である。故に、この『サクラ大戦』の世界でも遊びたくてしょうがない。とは云うモノの、遊ぶとしたらTRPGが常套な訳で、それは一人では遊べず、皆が集まれる時にはもっと率先して遊ぶべきネタがロケットペンシルの芯よろしく詰まっているわけだ。となるとサクラ大戦RPGなどいつやれる事やら… というかやる機会は来るのだろうか… 余り期待せず、気長に構えておくのが無難だろうなぁw。
[PR]
by cor_leonis | 2006-06-23 05:31 | Feeling / Memorandum
<< さらば、石像閣下! 狂った朱雀よ!渇かず、飢えず、... >>