狂った朱雀よ!渇かず、飢えず、無に還れっ!!

「堪えきれない事も在る」
 神話断ち中ですが堪え切れませんでした。こんな物を見せられた日には。
クトゥルフ神話TRPG 比叡山炎上
朱鷺田 祐介 / エンターブレイン
以下、裏表紙、帯より抜粋
【本書内容】
日本の戦国時代を舞台にクトゥルフ神話に挑むための独立したルールブックである。
このゲームで、あなたは戦国の戦乱に巻き込まれる戦国の人々となり、戦国日本の闇に潜むおぞましき存在と出会い、凄惨で絶望的な戦いを挑むこととなる。
戦国の雄、織田信長は、縦横無尽な機略と大胆な行動力によって覇権を手にしつつあった。その過程で信長は寺社勢力と対立し始める。彼らは対立する信長を魔王、第六天魔王と呼び、仏敵とした。やがて将軍、足利義昭は、ひそかに各地の群雄や宗教勢力と同盟を結び、信長包囲網を作り上げた。京都の鬼門を守って数百年を過ごした比叡山延暦寺もその同盟に加わった。これを打開するため、元亀2年(西暦1571年)、日本仏教の根本道場、比叡山を焼いた。世にいう比叡山焼き討ちである。

【追加されたルール】
クトゥルフ神話TRPGを基に、忍術や剣術など、あるいはさまざまな流派・宗派独自の技を再現するルールや、近接戦闘を詳しく再現するルールなどが追加されている。職業も武将や足軽から、僧侶、陰陽師、伴天連、はたまた公家や茶人など当時活躍した人々をくまなく網羅している。

【連作シナリオ「比叡山炎上」】
シナリオは3本収録され、続けてプレイすることで、比叡山焼き討ちに隠された信長の秘密が明らかになるようになっている。さまざまな歴史的な事件や人物との遭遇を通じて宇宙的恐怖と対抗する大河ドラマの幕開けだ!。

「クトゥルフRPGって何を楽しむ為に作られたの?」
 もぅ、どの辺りから突っ込んでいいのやら… 第六天魔王は裏高野にでも任せとけばいいの。きっと孔雀さんがやっつけてくれるから。問題は【追加されたルール】。日本語版ランドオブニンジャ(確か表現上の問題から回収されたとか… )の代わりに出したとしか思えない。でも無ければ、クトゥルフRPGのルールに宗派や流派、近接戦闘を詳細に再現するルールはいらない。というか役に立たない。蕃神や旧支配者、奉仕種族にそういった物が通用するしないではなく、宇宙的恐怖を体感するためには必要ないという意味で。思い出してください。

 -クトゥルフRPGって、何を楽しむ為に作られたの?

それから、もしランドオブニンジャを出したいのなら、ホビージャパンと折衝してルーンクエストを始めとするケイオシアム社関係の権利を今度こそしっかりと整理しなおしてください。

「破神昇華」
 こんな本とそれを記した狂喜の詩人は、必滅の理を籠めた無限熱量でもって焼き尽くしちゃいましょう。

 第一近接昇華呪法「レムリア・インパクト」

暗黒の住まう場所はありません!と豪語されてもなぁ… これで¥7K獲っちゃうんだから■■■□■、強気だよネ。
[PR]
by cor_leonis | 2006-06-17 04:02 | 今日の宇宙的恐怖
<< 蒸気浪漫をもとめて 抜け殻の呪文は虚脱系アニソン >>