良い夢を…

 昨晩、感動を胸に帰宅。「きっと夢見も良いだろう」と就寝。近年、希に見る悪夢に苛まれ、最悪の寝覚めを迎えた月曜日になりました。
ちなみに、夢の内容は朧気にしか憶えていない上に、その断片的な記憶からも胸くそ悪くなる内容なので、記載は控えます。幸い「ぱちんっ ぱちんっ」という何かを打ち鳴らす音が聞こえたり、自分の体の異常に気付いて見てみたら… といった内容ではなかったので、彼らに精神交換されたわけではなかったと思いたい。

『小惑星探査機はやぶさ』
 2003年の打ち上げから7年───
長い時間宇宙を旅し、さまざまな困難を乗り越え、いろんなモノを人類に遺してくれた「はやぶさ」にありがとう、そして、良い夢を。
また「はやぶさ」に携わった全ての人たちを見ていて「奇跡は起こるんじゃない、起こすものだ」ということを改めて教えられました、ありがとう。

『奇跡の軌跡』
 「はやぶさ」という奇跡が、夜空に描いた最後の軌跡。






『はやぶさは“彼”ですか? いいえ“彼女”ですよ』
 JAXAの公式見解で「はやぶさ」は男子らしいですが、川口プロジェクトマネージャーのメッセージを読んで以降、「はやぶさ」と「ALICE」がオーバーラップしているcorleonisは以降、ずっと女性にしか見えていません。何かを遺すために大気に焼かれた「ALICE」と「はやぶさ」。「ALICE」の遺したものは、残念ながらあまり良い未来へと繋がりませんでしたが、「はやぶさ」が遺したものは人類を良い未来へと導いてくれると信じています。



-これであなたたちとも、お別れしなければ・・・・・-
「助かるのか!」
「ガンダムが助けてくれるらしいぜ。やっぱりコイツは生きているんだ。俺達に自分で生きろと言っているんだ」
-ありがとう。私の記憶-
「それにしてもさっきのMS、嫌に呆気無く落ちたよな。まさか・・・・」
「よせやい、機体がニュータイプだなんて言い出すなよな」
「有り難ェ、このまま降りられるぜ」
さようなら・・・・・。
ALICEの残留思念がそう言った。
地球から浮かび上がる二つのSの字が見え、それが重なって二重螺旋になった。
彼女にはそれが何か分かっていた。
ヒトのDNAだ。
永久にヒトの記憶を伝えるもの・・・・・。
それこそが“S”ガンダムの意味。
大気圏再突入の高熱で、彼女を構成していた補器の内部に短絡思考が増大した。
非理論的な思考回路・・・・・。
-良い夢を・・・・-


─「ガンダムセンチネル ALICEの懺悔」より抜粋─

 ちなみに、上の文章には続きがあるのですが、それは「ガンダムセンチネル」を語る多くの人たちが折に触れ、物議を醸してきた部分であり、corleonis自身、思うところがあるので端折ります。気になる人は是非、本を手にとって頂きたいと思います。



『オーストラリア大陸の聖地』
 「はやぶさ」が降りたオーストラリアのウーメラという所は、普段は立ち入りが制限されている軍の管理地域であり、原住民アボリジニーたちの聖地だったそうです。そういった場所には何かしら“いわく”がありそうなモノで、今回もJAXAのスタッフが「イースの偉大な種族」に精神交換されたりしてんじゃないか? とか、落下で出来た穴から「空飛ぶポリプ状生物」が湧いてくるんじゃないか? とか、斜め上の方向でwktkしていたのは、きっとcorleonisだけじゃないハズ。じゃないハズ!
[PR]
by cor_leonis | 2010-06-14 20:00 | Feeling / Memorandum
<< 中隊支援砲ってなんてやくすんで... _ノフ○ グッタリ >>