命の代えはナイ

 120時間程度で実績とか云われてもネ。

F35エンジン評価試験で破損=開発予算めぐり議論過熱も-米
 予備のエンジンって無駄じゃないんだけどな。という話を週末にチラッとしたら、ごらんの有様だよ。120時間の実績って… 言い換えれば120時間程度でエラーを起こすってことでしょ? そんなものにパイロットを乗せられるの? 戦闘機を飛ばすのに一番お金がかかる部分はパイロットの育成なんだよ? それに、このプログラムに参加している多くの国は、米の台所事情で運用効率を下げられては、溜まったものじゃないでしょう。F22の調達を止めたんだから、予備エンジンくらいちゃんと用意して、万全の体制でF35を世に送り出してあげてよ。

『売る売る詐欺』
 ちなみにF22を売る売る詐欺も絶賛継続中。というか、今回の件でのF35開発遅延を踏まえた上での話だったのかもしれない。

※売る売る詐欺
F35の正規リリースまで「F22売るよ!」とF-X選定を遅れさせること。
今回の件を経ても予備エンジン無し云うことなら、本気でEFを考えてもいいかもネ。
日米同盟はこの件抜きでもgdgdしそうだし。ブラジル羨ましいしw
[PR]
by cor_leonis | 2009-09-15 18:14 | Feeling / Memorandum
<< Living Universe 横須賀に見る日米安全保障条約 >>