太古に人類と接触したTFはゴリラプライムだと信じていたのに裏切られたorz

 アダムス? アダムスじゃないか!!

『玉の下にいる』
 格好いいぞシモンズ。
といった具合に「トランスフォーマー/リベンジ」を週末、観てまいりました。下ネタの比率が増したのが気になるといえば気になりますが、全編通して満足のいく内容でした。メガトロン様の扱いに「ベイ、わかってネェーなー」と突っ込みたくなりますが、プライムやマトリクスの設定すらオリジナルからトランスフォームしているので、些事と思い飲み込んでおきます。あと、ハリウッド映画に云うのも今更ですが、人類強すぎ。戦車の主砲でメガトロン様が押されるどころか、歩兵のアサルトライフルに怯むトランスフォーマーとかあまり見たくないんですけど。ただし米海軍の機密についてはカッコよかったので赦す。
 しかしまぁ 映像も音もとにかく派手ダネェ。SFアクションはやっぱり劇場だ。と思わせてくれる迫力の演出が目白押しのアクションシーンは全部必見。初っ端から総司令官が魅せてくれます。物語世界の外交上どうなのよ? と思わせるところですが… ホント、ヨルダンに米軍展開とか、現実とのギャップにドキドキしてしまうシーンも目白押しです。それと今回はアドベンチャーシーンが多かったのだけれど… 謎解きより下ネタの印象が強すぎてナンダカナァ…
 肝心要のトランスフォーマーたちは前作以上に大暴れしてくれます。人の話を聞かない程度に。ホント会話できないヒステリックな奴らが多いせいで、世界イチ空気を読まないことで定評のある米国軍人が空気を読んで物語の進行に貢献します。アリエネェ… それと登場キャラを増やした分、個々の活躍が減ったのがショボーンな感じ。しかし、corleonis念願の合体戦士が登場したのは大いに嬉しかったですよ。デバステイター!! 玉々以外は文句ナシ! 逆に云えば何で玉々? 下品この上ないアメリカを垣間見れます。そしてもう一人… 合体戦士が登場しますが、それは見てのお楽しみ。まぁ、どっか他でゲロッてる人が居るでしょうから、気になる人はそちらを当たるか劇場へ。
 いよいよ合体戦士も登場したし、次回はいよいよ「都市vs基地」に違いない。あと成り行きで天才になった主人公のサム推定18歳。海綿体に集まる血液を脳味噌に回して是非、人造トランスフォーマーを生み出してもらいたい。具体的に云うとダイノボットかグリムロック。
 最後に。サウンドウェーブ放置は不味い。というか、誰か気付けよw





ゴルゴZOIDS
 リノンスペシャルまで座して待つ。


[PR]
by cor_leonis | 2009-06-22 16:05 | Feeling / Memorandum
<< ユーロファイターがアップをはじ(ry エーックス! >>