第48回静岡ホビーショー・序

 新幹線でモンハン… うん ムリ♪
ゆれるし。よく見えないし。前の席でも狩ってるし… 何よりアームドベースが無いのは致命的。

『駿河参り』
 今年も仕事と遊び、1:9の割合でホビーショーへ。今回は何時に無く早く会場入りし、ゆっくりしてきた。 …6時間立ちっぱなしだったとも言う。

『ウォーミング・アップ、または与太話』
 まずは今年配布された紙袋
c0036340_205381.jpg
 イベントのキービジュアルでもあるこのイラストは、常に時代を反映し変化し続けている。まず、これまで人物は父子の二人だったが、今年からは少女が加わった。これは女性ユーザーの増加を意識してのことだろう。それと左下の青いスポーツカー。写真では潰れて判別できないが痛車だ。ボンネットに「緑髪の泉こなたらしき何か」が描かれている。そしてロボット。話題のキャラクターに似せて描かれるコレは「メサイアバルキリーらしき何か」になっていた。ダブルオーはスルーされたか… といった変な拘りが、ホビーショーという催しの性格を如実に現しているように思えてならない。



フライング・カップヌードル
c0036340_2055753.jpg
 デュアル・ローター型のラジコンヘリ。その機関部をカップヌードルの空容器に入れて飛ばすデモンストレーション。一見アホなことをしているようで、その実とてもアホなことをしている。いいぞもっとやれ。しかし、その性能が如何に優秀かは、高速で回転するローターに対し、静止して写っている容器のラベルを見てもらえればご理解いただけるでしょう。加えて、これはホバリングしている写真です。このサイズで呆れるほど高性能なラジコンカップヌードル… ですが、残念なことに降りる時のことが考慮されておらず、着陸はそれはそれは悲惨な光景でした。あの画さえなければ最高のデモだったにちがいない。

DUST★GAME
c0036340_2063947.jpg
 出典は分からないが、ブースに白人さんたちが沢山いたので、きっと海外の漫画かなんかナンだろうSF模型。Ma.Kを彷彿とするが、物語の舞台は宇宙戦争ではなく、独ソ戦。写っているブリスター入りのロボットも「KV-47」と銘打たれているので、きっとソ連製。 …やべぇ 内容が気になる。

 今回、コトブキヤのブースはありませんでした。美少女フィギュアとか並べまくってたからハブられたか? 真偽の程は分かりませんが、少々ガッカリしていたところ…
c0036340_2073797.jpg
ん?
c0036340_2081352.jpg
 なんでフジミ模型のブースに潜んでるんだ? しかも「フレーム~」だけ。わかんねー。

立形マシニングセンタ
c0036340_2084024.jpg
 CADデータを元にパーツの切り出しを行うマシニングセンタの模型。作ったのはスターウォーズのプラモデルで有名なファインモールド。一般人はキョトンとせざるを得ないが、業界人には大ウケでした。工場説明や資料として用いるそうな… これを流通させようってんだから、ファインモールド、違うな。

マイザー・デルタについてのお知らせ
c0036340_2093283.jpg
 電脳世紀が揺れる大事変。お金が無くて商品化できないって始めて見たよ… で、次が「ガラヤカ」? 呆れて哂うしかないネ。まぁ、マイザーってサイファーと比べると今ひとつだし、コトブキヤがその内サイファーをやってくれると思うから放っておこう。

掴め! さもなければ、散れ!
c0036340_2010093.jpg
 有線ロボを用いたプライズマシン「ROBO CHACHER」。掲げられたコピーにドキビクーンッ! お金払ったあげく商品が得られなかった可哀想な人に「散れ!」は酷すぎてもっと云ってほしくなる。
[PR]
by cor_leonis | 2009-05-19 20:15 | Feeling / Memorandum
<< 戦場で酒を呑むロボット兵器 ukkari nakushit... >>