帰ってきたLord to OSANPO MASTER

 歩け歩け遠足。と云うイベントが小学生時分、春にあった。全校児童が列を成し、数キロ離れた公園へ歩いて行き、持参した弁当を食べて帰ってくるだけ。遠足と呼ばれたのはこの他に秋季遠足… 普通にバスで遠方へ行くアレがあったけれど、記憶に残っているのは不思議と歩け歩け遠足のことだけ。当時はバスで遠出ができる秋の遠足のほうを楽しみにしていたはずなんだけど、何処に行ったのかも朧気にしか思い出せない。そう思うと、corleonisにとって“行楽”の原点はソコにあるのではないかと考えた。というわけでこの春… とかいいつつ、春、もぅ終わっちゃいますが、原点回帰を目指す。

『東海道でゆっくりしていってね!』
 この前、国道1号(以降R1)を五反田から川崎まで歩った。別に目的があったわけではなかったが、この機に続きを歩って見ることにした。そして鎌倉を目指す! と、思い付いたのが先週の土曜日。そして日曜日には実行に移した。先立つものが必要ない場合は本当に身軽。



「川崎〜鶴見」
 12時半にJR川崎駅出発。駅からR1までは結構な距離がある上、R1は海から離れるため歩っていても面白く無さそうなので、第一京浜(国道15号、以降R15)を歩く。この日の関東地方、軒並み快晴で気温は20度越えの夏日。長袖のシャツで来てしまったことを軽く後悔しつつ歩き出す。川崎市内は道幅も広く産業道路然とした立派で面白味のない道が続いた。歩き出して30分ほど、鶴見川へ至るころには辟易としていたので、気分転換に脱線。鶴見川の川岸を河口へ向かって歩く。堤防から川面を眺めつつ幾程かいくと人工の干潟に行き着いた。小休止のつもりで案内板を読んだり、家族連れが礒遊びに興じているのを眺めていると、子供たちが拾った石を河に投げて遊んでいるのが目に留まった。その内、一人の子が大きな石を両手で持ち上げ、河に投げ込む。どぼんっ という音とともに小さな水柱があがった。茶色い。ふと、干潟の周囲を見て回る。 白い砂(っぽい何か)が敷き詰められていない、柵で区切られた鶴見川河口天然色の干潟は「崖の上のポニョ」で描かれていたような酷い有様だった。ここで遊ぶヤツの気が知れない。童たち、帰ったら体を風呂で念入りに洗うんだよ。
 そこからはR15に戻るべく歩き出す。途中、行き先を示す看板に「大黒」「スカイウォーク」という、魅惑的な文字を見て取ったが、行くと間違いなくそこで遊んで満足してしまうのでグッと堪えた。

「生麦〜子安」
 R15に戻ると「生麦事件の碑」を見つけた。当時は偉い人の行列に馬で突っ込んだだけで、外交そっちのけで斬り捨てたのに、今は隣国が国連決議を無視ぶっこいてミサイル撃っても中途半端な経済制裁止まり。しかも6カ国会議の継続を念頭に「遺憾の意」止まりとなった国連声明に対し、彼の国は「6カ国会議は無意味ニダ。まう参加しないニダ」と。ほんと、房総半島の山中にでも墜ちてくれたなら… と良くない事を思いながら子安あたりに歩き着いた。とある交差点を渡ったところ、国道を跨いで通る道へ通じる階段を見つけたので昇った。「何とかと煙は〜」の前者なので高いところには昇らずにいられない。昇ったところから海の方を望むと、真っ直ぐ伸た道の先、工場と工場の間からベイブリッジが垣間見えた。「あそこからの眺めは良いに違いない。私が決めた。今決めた♪」とビクターの工場(敷地内のビルからベースとドラムの音が聞こえてきたので不思議に思っていたが、社名をみて超・納得。そうして日々研究に勤しんでいるに違いない… と信じている)を脇目に再び脱線。一路海を目指す。そして到着。工場と工場に挟まれた道はそのまま海に突き当たっており、予想通り最高の眺望がソコにはあった。目の前の鉄格子有刺鉄線載せさえなければ。そりゃ落ちたら登れなさそうな岸壁&夜にはひと気ゼロが確約された工業地帯ですから、公園のように整備でもされていなければ当然こうなってますよネ。わかります。

「東神奈川〜桜木町」
 肩を落としながらR15に復帰、ふたたび歩き出すも今度は海沿いの風力発電機が豪快に回っていたので、それを目指して脱線したのだが、在日米軍の横浜ノースドックに阻まれ辿り着けなかった。というか「この橋渡るべからず」の看板に怯んで逃げ帰ってきたのだけど、ひょっとしたら行けたのかも? その後、R15に復帰したが東神奈川あたりで東海道線を跨いで横浜駅西口方面を目指す。何故ならソコにホビーショップがあるから。散歩してても心はオタク! コトブキヤを目指していたらボークスに辿り着いた。あっれー!? 両方ともいつの間に移転したんだ? というかコトブキヤ跡地にボークスがそのまま入ってるって、どんな罠? そして見つからないコトブキヤ。と、両社の話題がでたところでチョット休憩。

 ・ヴァンガード・オーバーブースト/冗談みたいなマンガブースター。
 ・ローゼンタール CR-HOGIRE ノブリス・オブリージュ /カッコイイなこの連装キャノン。
 ・量産型ゲシュペンストMk-II改(カイ機)/マシンガンとショットガンはどうなんだ? クライウルヴズ機に期待。
 ・RVR-75 ライデンII (RNA SIDE) /やったー♪ フラグメント・クロー!
 ・新宿SR閉店/5月の閉店セールを楽しみにしています。

情報に差があるように見えるのは心が荒んでいるからです。鶴見川の水で洗って出直してください。
そんなこんなで横浜駅を通過し、桜木町駅を目指す。 …思いっきり見当違いの方向へ向かい、90°折れるように進路修正。これで心が折れた。桜木町駅着16時半。次回はここからスタートする訳だけれど、赤煉瓦倉庫、山下公園、中華街などなど、いきなり誘惑満載。果たして無事、鎌倉に辿り着けるのか? というか本当に続けるのか? あまり考えて行動していないので、先の事は自分にもわからない。ただ明月院の紫陽花が見たいな〜 とかねてより思っていたので、遅くてもその頃には続きを歩こうかと。
[PR]
by cor_leonis | 2009-04-14 19:41 | Feeling / Memorandum
<< アイスモナカとみなとみらい 世は並べて事もナシ<春の大出力篇> >>