世は並べて事もナシ<破壊大帝の帰還篇>

 オートボット、戦闘開始!

トランスフォーマー リベンジ
キタワァ*・゚゚・*:.。..。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゚゚・* !!!!!
 バックの怖い顔はきっとガルバトロン様でしょう。今作で期待するのは、やはり巨大戦士の登場。前作ではデバスターがM-1エイブラムス単体になってしまったので、スペリオンやブルーティカスが合体戦士として登場してくれることを切に望みます。街や基地がトランスフォームするメトロフレックスやダイナザウラーは次を考えると勿体無いしネ。 …あ、オメガスプリームという線を忘れているw 巨大じゃないけれどアダムスは気になる。だってアダムスキー型飛行円盤だったんだよ。登場するとしたら未知数すぎるw

『押井節』
 昨晩「とらドラ!」を視聴するために服を脱いでいる最中、なんとなく回したNHKスペシャルの再放送が目に留まった。「沸騰都市 TOKYOモンスター」と銘打たれた沸騰都市シリーズの最新回。何気にこのシリーズは好きだったりするので見ていると、近未来の東京を舞台にしたアニメーションが挿し込まれた。プロダクションIG制作によるそのアニメ、監督は当然「押井守」。「機動警察パトレイバー The MOVIE」、同シリーズ2で見せたそれを彷彿とする… というか、そのまんま押井節全開で描かれていく未来の東京はやっぱりカッコイイ。やっぱり東京といえばこの人なんだネ。そういう解んなくていい所だけ解っている国営テレビが愛しい。愛しさ余って怨み100倍ですがw などと見入っていたが、ふと「とらドラ!」が始まっているのに気が付き慌ててチャンネルを変えた。申し訳ないが今は

押井監督の描くカッコイイ東京<カサヰ監督の好いた張った

なのである。
ちなみに品川から日の出桟橋あたりまで運河沿いや海沿いを歩くとパトレイバーなどで描かれた“忘れられていく東京”が垣間見れる。お勧めの散歩コースだ。そして沸騰都市はYoutubeで保管した。右上のアナログが痛々しいが…
さらに余談が続くが、目黒駅前の名画座で「スカイ・クロラ」をやっているので土曜日あたり観てこようと思う。



『見る分には面白い』
 ハチクロだったり、キミキスだったり、のだめだったり… 近年、カサヰ監督作品を毎週wktkで見ている。正直、自分がこういったジャンルに適正があるとは思っていなかったので、年を取ると趣味の間口が広がるのだなぁと実感している。もっとも拓いたのは2次元限定で、実写ドラマ、いわんや身近な色恋沙汰などは、見聞きしているコッチが疲れるのでゴメンこうむるw
 そんな訳で当然「とらドラ!」も見ているのだけれど、登場するキャラがみんな愛しくて敵わない(除く大河パパ)。そんな子たちがみんな幸せにならない結末は、きっと得心いかないだろうけれど面白いんだろうな。そういった非情な物語の美しさを、むかし「劇場版ラーゼフォン」が教えてくれた。

『お嬢様』
 以前話題になったが、取り立てて観る気にもならなかったのでスルーしていたが、よく見る某ブログで取り上げられていたのを期に見てみたよ「ファイヤボール


興味はあったのだから敬遠せず、もっと早く見ておけばよかった… オモシロイデス。ディズニーでCGアニメというのが敬遠の種だったのだけれど、なんでー 全然ディズニーっぽく無いジャン。ドロッセルとゲデヒトニスのやり取りは軽快で小気味よいし、見え隠れする背景世界もとても魅力的。「まだ見てないよー」という人は観るべき! 絶対に損をしている!!
余談好きなので余談をします(最近「ちなみに」と書くことが多いのを気にしている)。ウィキペディアをみればすぐ分かりますが、キャラクターデザインは福地仁氏です。お嬢様、マスラオと異母姉弟。テメーのGN粒子は何色だーっ!(血泪。

ドイツモコイツモ
 アイマス厨には頭が下がる(頭抱える的な意味で。流行りモノなので一度手をつけようかと思ったけれど、バンナムゲームスの商売っ気に心折れた。ちなみにPSPのそれはDSにも踏襲され、Dearly Stars(ディアリースター)、Dressing Sweet(ドレッシングスウィート)、Dream Symphony(ドリームシンフォニー)の三本になるらしい。みんな略してDSと… 誰ガ巧イコト云エト。

バキ枕
 正気じゃないのはよく解った。
[PR]
by cor_leonis | 2009-02-19 19:15 | Feeling / Memorandum
<< 世は並べて事もナシ<週末の天気... マブラヴ雑記 >>