世は並べて事もナシ<師走のロンリーソルジャー篇>

あっるぇ~… おかしい。普通にいそがしいぜ。

『せっちゃん in ダブルオーライザー』
 真打登場の「機動戦士ガンダムOO」。ただスーパーロボット的にパワーアップ劇と復活劇は大きな見せ場なので、第2話のように危機的状況を乗り越えるためのガジェットとして使って欲しかったナ。どうせ次回は大ピンチになるんだからw

1/100 ダブルオーライザー

バンダイ


『GNアーチャー(ガンアーチャー)』
 1stシーズンでキュリオスが装着していたミサイルコンテナとビームキャノン+ブースターを混ぜた上に、単独行動を可能にしたモノっぽい。ぶら下がっているMSにしか見えない部位については見えない振りをしておくのが不文律(マナー)。有人制御だとマリーさんが乗り込むのでしょうか? アレルヤ&マリーのラブラヴアタックはもちろん良いのですが、ハレルヤ&ソーマのジェノサイドタイフーンに期待してしまう。

HG 1/144 アリオスガンダム

バンダイ

HG 1/144 GNアーチャー(ガンアーチャー)

バンダイ


『ガデッサ』
 前回登場した擬似太陽炉搭載型の新MS「ガデッサ」。名前を聞いて関西弁の悪役合体ロボが脳裏を過ぎった人はアラフォー。身の丈を超える大型火器、三叉の分裂砲身が無性にカッコイイ、90年代アニメファンを狙い撃ち。加えて空間戦闘に特化したと思しきGNドライブや足首の形状、今週登場した同型のGNフィールド搭載機との連携(ヴァイエイト&メリクリウスですネわかry)など、今後の活躍にも期待できそうでよいMS。

HG 1/144 ガデッサ

バンダイ


『今週の生き恥』
 ブシドーが出てこないと物語が平和に進む。2ndシーズンもこのまま最終話の終了5分前まで出てこないでくれ。それなら双発式擬似太陽路搭載機で出てきても赦す。ちなみにブシドーが云う“生き恥”が「フラッグじゃ、やっぱりガンダムに勝てなかったから、フラッグ以外のMSに乗っていること」 …だったら本当に恥ずかしい。私怨で軍規を乱すヤツ。痴情の縺れで新型MSを開発するヤツ。エイフマン教授(故人)、アンタが連れて行き損ねた取り巻き、ボトムズ野郎ばかりだよw

HG 1/144 ミスター・ブシドー専用アヘッド

バンダイ





『痛い』
 クリプトンのスーパーGT参戦以降、痛車が台頭してきて幾星霜。模型業界でも「これはボロイwww」と各社金型償却に精を出す日々。そして、そのムーブメントは遂にB社にも波及。1/43スケール塗装済み組み立てキットでミクGT… ではなく、

Bトレインショーティー E231系 総武線
「CLANNAD -クラナド-」ラッピング 4両編成セット

鉄ですか? 鉄ですネ!! なんで今鉄道なんだよ!? 遅いだろ! お前は恐竜か? 神経行き届いてないのか? 社の意地に掛けて最初は「E231系 山手線 Gジェネ魂ラッピング」だろう! などなど云いてぇことは五万とありますが、渚ちゃんに罪は無いのであまり云わないでおく。ちなみにコレがB社初のCLANNADグッズ。見所はBトレインショーティーでイラストを再現するとなると、シールには余程の高解像度印刷を用いる必要があるという点。水転写式デカールの如き高精細プリントをシールで再現するのか? B社の本気が試される。corleonisの予想は「え、これ渚ちゃん?」というモワレプリント。なぜならBトレは中華産だから。

『時を刻む歌』
 そんなCLANNAD。アフターストーリーはハンカチ片手に欠かさず見ています。そのオープニング曲「時を刻む歌」を先日ようやく購入。早速聴く…

「肌寒い~」以降のくだりは… クル。この時ばかりは、この言葉を認めざるを得まい。

クラナドは人生だ

とダウンな気持ちになったところで、カップリングになっているエンディング曲「TORCH」が染み入るように気持ちを暖めてくれる。前向きにしてくれる。実に良い構成だと云わざるを得まい。という訳で、買って聴こう! CLANNAD -AFTER STORY- OP&ED曲「時を刻む歌/TORCH」!!

TVアニメ 「CLANNAD AFTER STORY」OP&EDテーマ 「時を刻む唄/TORCH」 / Lia

Key Sounds Label


『詰め物』
 そんなCLANNADのCDと共にミクのCDも買ってきた。

みくのかんづめ

OSTER project feat.初音ミク / Indies Label =music=


缶詰とかパッケージとか、ミクのアルバムタイトルはどうも“詰め物”であるのが恒例… というより“様式美”となりつつある気がしてならないw
 キャラクターボーカロイド01「初音ミク」が世に現れて1年と4ヶ月… にも関わらず、

何?この懐かしさw

Intoroのあと「恋するVOC@LOID」が掛かった瞬間、10年以上会っていなかった友人との再会に似た感覚を覚えたよ。初音ミクにcorleonisが本格的に傾倒し始めたのが去年のこの頃だったから丁度一年くらい経つ。その間にボカロ界隈ではホントー… っにいろんな事が起きた。そして、いろんな歌が生まれてきた。そう、これだけ多種多様な歌を一年の間に聴いたことが生涯であっただろうか? いいや、ナイ! 日毎に新曲が発表され、その全てを把握することが叶わないほど大量の歌を1年で聴いたようなモノ。ここ暫く耳にすることがなかった歌を聴けば、そりゃ懐かしくも感じる… のではないかとcorleonisは思考しました。ミサカは可愛いな。嫌いではないが“一方通行”には殺意を覚えるよw
ちなみに曲の間に挿入される寸劇には、どんな顔をすればいいのか分からない。ニャー
[PR]
by cor_leonis | 2008-12-08 18:59 | Feeling / Memorandum
<< 世は並べて事もナシ<篇> corleonisの帰還 >>